福島原発の周辺住民の内部被ばくを推し量る上で重要なデータがある。
国内の原子力施設にある内部被ばくの測定装置、ホールボディカウンターが国内に40台以上あるとのこと。
このホールボディカウンターで福島に立ち寄った福島以外の原発作業員が、元の職場に戻るために内部被ばくの調査を行ったところ、精密検査を必要とする被ばくレベルの1500cpmを超えた人が4000人以上もいた。
原発作業員は放射線管理区域への立ち入りの際に、ホールボディカウンターで内部被爆の全身測定をするのだそうだ。
彼らは放射線量の高い福島第一原発の復旧作業に携わったわけではなく、福島に立ち寄っただけの人々で、原子力施設での被爆とは基本的に関係ない。従って、周辺住民の被ばくの実態を推測できると柿澤議員は主張している。

彼らの内部被ばくの実態を聞いたらびっくりだ。
原子力保安院の寺坂保安委員長は柿澤衆議院議員の質問に答えている。

体内被ばく、1500cpmを超えた人・・・4956件
このうち、事故発生後に福島県内に立ち寄ったケース・・・4766件
さらにそのうち、10000cpmを超えたケース・・・1193件

2011年5月16日 (月) 衆議院予算委員会 柿澤未途(みんなの党)議員の質問に対する原子力保安院の答弁。

※cpmという単位の意味は1分間に体内から放射される放射線の量を表す。電離放射線障害防止規則は、原子力施設を運用する事業者に対し、原発の放射線管理区域に入る作業員について3か月に1回の検査を行うよう規定している。

医学的に1500cpmを超える内部被ばくをした場合、精密検査を必要とされている。福島に立ち寄っただけで1500cpmの内部被ばくをしてしまった人が4766人もいるとは驚きだが、その25%にあたる1193人もの人が1万cpmの内部被ばくをしていることになり、福島の住民が、これと同じような内部被ばくをしてしまっている可能性があるわけだ。
1500cpmで精密検査を必要とされる内部被ばく量なのに、10000cpmという内部被ばくはかなり危険なのではないか。
ある例では、北陸電力志賀原発(石川県)で働いていた作業員が3月13日に福島県川内村の自宅に戻り、数時間だけ滞在して家族と共に郡山市に1泊して福島県外に出た。
その後、志賀原発でホールボディカウンターで検査を受けたところ5000cpmの内部被ばくが確認されたという。
計画的避難区域において事故後2ヶ月もの間、普通に生活していた住民もたくさんいる。いったいどれほどの内部被ばくをしてしまった可能性があるのか考えると不安で夜も眠れない方もおおいのではないか。
計画的避難区域に限らず、福島市内においても有志が放射線測定器を使って細かく放射線量を測定してみると、毎時20~25マイクロシーベルトを観測した学校もある。
毎時20マイクロシーベルトなら年間175ミリシーベルトに達する。原発の敷地内で175ミリとかという話ならまだわかるが、福島市内でそのような高線量の放射線が測定されているということを問題ないから騒ぐなと言う方が無理がある。
いったいどれほど多くの国民が内部被ばくをしているのか実態がよくわからないが、このような事実から推定すると、1500cpmを超える内部被ばくをしている人はざらにいることになる。
内部被ばくの被害の大きさという観点でみるなら、福島原発事故は既にチェルノブイリを超えているのが実態ではないのだろうか?

予算委員会で、福島原発周辺住民の内部被ばくの追跡調査を行うべきと柿澤議員は政府に要望した。

5月23日、福島県は、福島第一原発事故による周辺住民への放射線の健康への影響を調べるため、15万人以上を対象に、長期間の健康調査をすることを決めた。
健康の追跡調査は警戒区域や計画的避難区域を中心に15万人以上を対象として、今後30年間に渡り、健康への影響を継続的に調査する。

それにしても、これだけの重大な事実をテレビ、新聞などマスコミは積極的に取り上げて国民に知らせようとしないのはなぜか?
衆議院の予算委員会で取り上げられた問題で、原子力保安院も正式に公表されたデータでその信ぴょう性は疑いようもないのに。

福島第一原発の作業員でホールボディカウンターを測定した作業員の中には3万cpmを超える内部被ばくが確認できたケースもあるというが、福島に立ち寄っただけで1万cpmを超えた人が4766人の25%にあたる1193人もの人がいたという事実から推測すると、一般人の内部被ばくの被害は恐ろしいことになっていて不思議はない。
人気ブログランキングへ