福島原発の真実 | プルトニウムの毒性 | 東日本大震災と福島第一原発事故

福島原発の真実とは何か?福島第1原発の放射能が襲う日本の危機。東日本大震災(東北地方太平洋沖大地震)が引き起こしたプルトニウムに汚染された福島第一原子力発電所と計画停電の日本経済への影響や原発の最新情報。プルトニウムの毒性や半減期、高速増殖炉などについても解説。

ノルウェイ気象研究所

ノルウェー気象庁 福島原発 放射能拡散予測図 5月11日~5月12日

ノルウェイ気象庁(ノルウェー気象研究所)による5月9日からのセシウム137の希釈イメージです。
( ノルウェー気象庁の放射能汚染予想図 )続きを読む 人気ブログランキングへ

ノルウェイ気象庁の拡散予測図比較(5月10日)。放射性物質よる希釈の分布の相違。

ノルウェイ気象庁(ノルウェー気象研究所)5月6日からの希釈で予測図を比較してみる。拡散予測図は5月10日の午後12時のもので統一。
放射性物質で拡散がどのように異なるのか比較をしてみた。

揮発性の高い物質ほど遠く、広く拡散するのでキセノン133の拡散分布が大きく、セシウム137の拡散分布が小さい。セシウムと放射性ヨウ素の比較では分布図に大きな相違はない。

上からセシウム137、放射性ヨウ素131、キセノン133の順番に並べた。

ノルウェイ気象庁の拡散予測図 セシウム137
ノルウェイ気象庁の拡散予測図 セシウム137
5月10日 ノルウェイ気象庁の拡散予測図 放射性ヨウ素131
5月10日 ノルウェイ気象庁の拡散予測図 放射性ヨウ素131

ノルウェイ気象庁の拡散予測図 キセノン133
ノルウェー気象庁の拡散予測図 キセノン133
続きを読む 人気ブログランキングへ

5月9日 ドイツ気象庁ととノルウェイ気象庁で福島原発放射能拡散予測図の比較をしてみた。(5/9 9:00AM)

ドイツ気象庁 日本時間5月9日午前9時の拡散予測図
ドイツ気象庁 日本時間5月9日午前9時の予測図

ノルウェイ気象研究所 日本時間5月9日午前9時の予測図
ノルウェイ気象研究所 日本時間5月9日午前9時の予測図

拡散予測図の比較をしてみていかがでしょうか?違いはあまりないようですね。
続きを読む 人気ブログランキングへ

ノルウェー気象庁 福島原発 放射能拡散予測図 5月8日~5月9日

ノルウェイ気象庁による福島原発 放射能拡散予測図 (5月8日~5月9日)
5月6日からのヨウ素131の拡散イメージです。途中でドイツ気象庁の予測図も表示されます。



続きを読む 人気ブログランキングへ

5月8日~5月9日 ノルウェイ気象庁の福島原発放射能拡散予測図(5/6~の希釈イメージ)

ノルウェイ気象庁 5月7日午後12時拡散予測図
ノルウェイ気象庁 5月8日午後12時拡散予測図
5月7日は日本列島北から南まで拡散ですね・・・。福島原発からは毎日157万ベクレル(原子力安全委員会の試算)以上の放射性物質が漏れているとのことです。
放射性ヨウ素131は揮発性が高く、気流に乗って遠くまで拡散しやすい性質があります。
続きを読む 人気ブログランキングへ

ノルウェイ気象庁 5月8日~5月10日の福島原発放射能拡散予測

5月8日から5月10日にかけての予測図です。
この予測図は5月5日からの希釈イメージで、セシウム137を対象としています。
ノルウェイ気象庁の計算による拡散予測図です。


続きを読む 人気ブログランキングへ
記事検索
車修理の工場検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ