福島原発の真実 | プルトニウムの毒性 | 東日本大震災と福島第一原発事故

福島原発の真実とは何か?福島第1原発の放射能が襲う日本の危機。東日本大震災(東北地方太平洋沖大地震)が引き起こしたプルトニウムに汚染された福島第一原子力発電所と計画停電の日本経済への影響や原発の最新情報。プルトニウムの毒性や半減期、高速増殖炉などについても解説。

チェルノブイリ

福島原発、やっぱり原子炉格納容器にも穴。東京23区分の土地がチェルノブイリ同等以上の土壌汚染。最悪の事実が次々に・・・。

福島原発1号機・2号機、やっぱり原子炉格納容器にも複数の穴、東京23区と同じ広さの土地がチェルノブイリと同等以上の放射能による土壌が汚染され、最悪の事実が次々に・・・。

原子炉格納容器は放射の漏れを防ぐ最後の砦だ。
地震発生から約18時間後の3月12日午前9時に、原子炉の設計温度の2倍を超える300度にも上昇し、原子炉格納容器はこの時点で破損したのではないかと報告書で発表された。
 
あれだけの外部への放射能汚染水の流出を考えると、その機密性については素人でも最初から疑問に思う。
専門家は「ある程度の健全性は保たれている」とか言って、事態の深刻さをごまかし続けてきたが、結局のところ原子炉本体の圧力容器も、その外側の原子炉格納容器も大穴が開き、ダダ漏れ状態ということだ。
東電の報告書では1号機と2号機の格納容器について複数の穴が開いている可能性があるとしていて、3号機に関しては特に触れていないが、3号機はもっと酷い状況が推測されているので、報告書にはまだ書けないのかもしれない。

メルトダウンした核燃料は圧力容器の下部に溜まっていて発熱を続けているが、メルトダウンした際に、粒子状になった大量の核燃料も汚染水に含まれている可能性がある。
外部に漏れ出た汚染水には核燃料そのものが含まれていると考えるのが自然だ。
とにかく、兆とか京とか天文学的な単位の放射能が海洋に流れ出た。汚染水の移送や浄化による循環冷却を行い、これ以上高濃度汚染水を外部に漏らさないよう作業が進められているが、梅雨に入って大雨が降るたびに原発敷地内やその周辺の地表から海や原発施設の周辺に流れていくのは止めようがないだろう。

さらには、注水した水の一部は蒸気となって大気に放出されている。その中には放射性物質が含まれているわけだから、爆発直後のレベルからみればかなり低いというだけで、今現在、大気に拡散している放射性物質も相当危険な量が漏れている。
爆発直後に放出された放射性物質が桁違いに大量だったから、それと比較したら少ないというだけのことだ。
続きを読む 人気ブログランキングへ

今もなお癒えない原発事故の傷 チェルノブイリの新シェルター建設

チェルノブイリ原発事故と福島原発事故は将来に大きな負の遺産を残したという点では共通している。
私は福島原発事故の健康被害の恐ろしさは今後、長い時間をかけて徐々に表面化すると思っている。
政府が強弁していたように直ちに健康被害が出ることは滅多にはないからだ。

国連機関は、チェルノブイリの放射線被害による死者は将来も含め4千人と推計しているが、さらに多く見積もる研究機関もある。
ウクライナの研究者によると1990年以降、子供を含む6400人以上が甲状腺ガンで手術を受けたとしている。

チェルノブイリの今を見れば福島原発や日本の未来が見えてくる。
チェルノブイリ原子力発電所

チェルノブイリ原発事故は核燃料ごと大爆発を起こし広範囲にわたって死の灰を撒き散らした。
ほとんどの放射性物質は爆発とともに飛散してしまったので、大量の放射性物質の拡散は10日程度で収まったといわれているが、原発周囲は人を寄せ付けない高レベルの放射能汚染が何年も続いた。
原発内部には溶融して固まった燃料棒の残骸が今も残っている。

高レベルの放射線を浴びる環境で何千人、何万人という人間が非人道的な扱いで原発処理(石棺工事)にあたらされ、尊い人命と引き換えに一応の事態の収束に至った。
しかし半減期の長い放射性物質は今もなお大地に残ったままだ。現在も尚、発電所を中心に「10kmゾーン」「30kmゾーン」の管理区域が設定されている。
原発から300キロを越えた地域でも高濃度汚染地域が点在し、農業や畜産業が禁止されている地域もある。
2000年4月26日の14周年追悼式典での発表によると、ロシアの事故処理従事者86万人中、5万5千人が既に死亡している。
ウクライナ国内(人口5千万人)の国内被曝者総数342.7万人の内、作業員は86.9%が病気にかかっている。
続きを読む 人気ブログランキングへ

福島原発、またまた沸騰寸前の4号機プールの温度。再び水温上昇

福島原発の4号機が頭の痛いことになってきた。
上空の無人ヘリからの観測結果でプールの温度が90度を超えてきたことが判明。爆発前は84度だったというから、その時よりも高い状態だ。さらに付近の放射線量も84ミリシーベルト/時と高いことがわかった。 

現在は蒸発や漏れで水位が下がった分を補充しているに過ぎないので、十分な冷却はできない。温度が上がっているということは、徐々に核分裂が活発になっているということになるので、放射性物質がたくさん吐き出されるから周囲の放射線も高くなってしまう。 大量に注水すれば高濃度の放射能汚染水が漏れ出てしまい、トレンチとかピットが溢れてしまう。

1号機を優先して対処している間に今度は4号機がやばくなってきたというわけだ。この状況では頭を抱えてしまう。お手上げなので万歳していっそのこと米国にすべてを任せたらという話もある。
しかし誰がやっても難しい状況であることは理解できる。だから危機的状況と言える。一時的な小康状態と考えたほうがいい。

さらに気になるのは・・・
続きを読む 人気ブログランキングへ

福島原発、国際評価尺度(INES)で、最も深刻な【レベル7】に引き上げ。

4月12日、原子力安全委員会、および原子力保安員は東京電力の福島第1原発の事故について、原子力施設事故の深刻度を示す国際評価尺度(INES)で、最も深刻な【レベル7】に評価尺度を引き上げた。
人類史上最悪の原発事故である86年のチェルノブイリ原発事故と同じレベルだ。
チェルノブイリ事故で放出された放射性物質の量は520万テラベクレル(1テラは1兆の10000倍)(1テラ=1京)とされている。
福島原発が放出した放射性物質の量を保安院は37万テラベクレル、内閣府原子力安全委員会は63万テラベクレルと推定している。
経済産業省原子力安全・保安院の試算によると、福島原発の放出量はチェルノブイリの約10分の1としている。
しかし、これはあくまで試算で、計算方法によって大きく異なると考えてよい。
続きを読む 人気ブログランキングへ

試算が正しければ、福島は今や史上最悪の原発事故になっている

福島第1原発の修復の見通しが立たず、放射性物質の垂れ流しが少なくとも数ヶ月単位と長期化しつつある。
日本(政府)が意地を張らずに、事故直後、米国のアドバイスと支援を受け入れていればこれほど事態は悪化しなかった。
米国の原子力工学研究者による試算で、福島第1の事故で放出されたセシウム137の濃度が、チェルノブイリ原発の事故で検出された数値を上回ったとして、米国の専門家は「試算が正しければ、フクシマは今や史上最悪の原発事故になっている」と警告。日本の当局が国際原子力機関(IAEA)や諸外国政府の支援を受けるのをためらえば「事態はさらに悪化する」と断言した。
続きを読む 人気ブログランキングへ

福島原発の本当の危機とは?海洋汚染より怖い福島第一原子力発電所の低レベル放射性汚染水の海洋投棄の意味するところ。

福島原発の低レベル放射性汚染水の海洋投棄について整理する。
4日夜7時すぎ法律に基づき、「廃棄物集中処理施設」にたまっているおよそ1万トンの低レベルの汚染水を海に放出する作業を開始。
5号機と6号機の地下水を集める「サブドレンピット」と呼ばれる施設に保管されている1500トンの低レベルの汚染水についても、4日夜9時から放出。
放出される水に含まれる放射性物質の濃度は、「廃棄物集中処理施設」の場合、放射性のヨウ素131の濃度が、1cc当たり6.3ベクレルで、法律で定める排出基準の限度のおよそ21倍相当。
1ccあたり6.3ベクレルということは1リットルあたり6300ベクレルになるので、飲料水の暫定基準の21倍程度。(放射性ヨウ素131の場合で21倍、セシウム137の場合で63倍)
「サブドレンピット」の汚染水の濃度は不明。
濃度はともかく、合計1万1千500トンの汚染水は大量だ。
「大きな危険を回避するためやむをえないと判断」したとの事だが、今現在も高濃度の汚染水は海に垂れ流し状態だ。大量に放水した後に高濃度の汚染水が漏れ出したと考えるともう2週間以上は垂れ流している。
既に茨城市の平潟漁協でコウナゴから高濃度の放射性物質が検出されている。そんなに汚染が拡大しているのにどこが安全なのか?
今回放出される放射性物質が付近の魚や海草などに取り込まれ、それらの海産物を毎日食べ続けた場合、1年間に受ける放射線量は0.6ミリシーベルトで、一般の人が1年間に浴びても差し支えないとされる1ミリシーベルトを下回るとしているが、仮にその言葉を信用したとしてもその言葉の意味を解釈すると安全とは程遠い意味になる。
今までの放射能漏れが大気中にも海にも一切なかったとして、今回放出する11,500トンの放水による汚染に限っての生態系への汚染を推察した上で、それによって汚染された海産物に限っての影響は1年間食べ続けたとして0.6ミリシーベルト/hと言っている。
ということは、既に大気も水も野菜も汚染されているし微量でも毎日被爆している事実があって、それらが今後積算されて今後避けることができない年間の被爆量がどれくらいあるのかを一切無視している。
さらに11,500トンの低レベル汚染水の何千倍か何万倍か知らないが、高濃度汚染水は大量にすでに海に流れ出てしまっていてそれらによる汚染も今後一切無視しての話だ。
すでに流れ出てしまった汚染水の方が高濃度で危険なわけだから、海洋汚染への影響は今回放出する汚染度はそれに比べてごく小さいですよということだ。
乗り物に例えて言うなら、既にブレーキも壊れてエアバッグも機能しない車にシートベルトも着用しないで高速道路を暴走している状態の時に、ライトがつかない故障程度はもうこれ以上安全に影響はほとんどありませんからと言っているようなものだ。
まあいい。海に放射能汚染の水をいずれ投機することになるであろうことは、以前にこのブログで書いた。予想通りだ。
私がとても気になったのは汚染水のことではない。「大きな危険を回避するためやむをえないと判断」という大きな危険というのは何を意味するのか?
高濃度の汚染水が海に流れ出す危険を回避するという意味にはとれない。
「大きな危険」とは原子炉格納容器の大爆発のことである。水素爆発以外に溶融した核燃料が下に落ちて高温の状態で水と触れると今度は水蒸気爆発が起きる危険がある。
そうなれば、原子炉格納容器ごと吹っ飛ぶ危険があるのだ。既に原子炉格納容器もそこそこ破損はしているのだろうが、爆発を起こして核燃料ごと吹っ飛ぶような事態までには至っていない。大気や水が高濃度で汚染されてはいるがほとんどの核燃料そのものはまだ格納容器やプール内に収まっている。
「大きな危険」とは温度が上昇しさらなる燃料棒の溶融が起きれば今度は冷やしても手遅れになって、水蒸気爆発を引き起こしたら、核燃料棒の粉塵そのものが撒き散らされて事態の収束は不可能となりその段階でチェルノブイリの事故を軽く超えますよという意味ととるべきだ。
事態はそれほど深刻なのである。
続きを読む 人気ブログランキングへ

福島原発は廃炉解体に200年?チェルノブイリ原発の解体は約100年かかるとの見通し

 【モスクワ共同】ソ連時代の1986年、大事故を起こしたウクライナ北部のチェルノブイリ原発周辺の立ち入り制限区域を管理する政府機関幹部ドミトリー・ボブロ氏は28日、同原発を解体するためには約100年かかるとの見通しを示した。タス通信が伝えた。

 ボブロ氏はその理由として「極めて高い放射性物質による汚染」などを挙げ、今後5年間だけでも毎年1億2500万ドル(約102億円)が必要だと主張した。危険性が高く作業が困難なため、長い年月と巨額の費用がかかるとみられる。

 チェルノブイリ原発では、大事故を起こした4号機は事故後、コンクリート製の「石棺」で覆われた。当時稼働していた1~3号機は2000年までに順次運転を停止し閉鎖したが、原発当局者によると、事故から25年たった現在でも3480人が働き、石棺や使用済み核燃料の安全管理などに当たっている。

続きを読む 人気ブログランキングへ

少ない放射線でもリスクはある。安全な被爆などない。3

少ない放射線量でも将来的なリスクはある。ゼロではないはずだ。官房償還やマスコミの言うようにただちに影響ないだけだ。
政府も多くのマスコミも決まり文句のように、「直ちに人体に影響のあるレベルではない」、「心配ない」、「安全だ」、「念のため」などの言葉が氾濫して和洗脳でもするかのごとくだ。 

もともと自然界で生きている我々はその自然界から避けようもない一定程度の放射線を浴びている。自然界から被爆する放射線は一定程度避けられないもので、わずかながらもそれによるリスクを元来背負って進化して生き延びてきたわけだ。そのリスクは避けようもない運命だから仕方のないものだ。
だが自然界にある放射線量が安全という考え方自体がおかしい。
一定程度のリスクを元々背負っていると考えれば、人為的な被爆はそれにプラスしたリスクと考えるべきではないか。

それに今回の汚染は自然界に存在しない放射性物質を撒き散らしている。
目先影響はないかもしれないが、長期的な健康被害はどうなのか?
事故や放射能漏れを起こした原発周辺地域において、がんや奇形などのリスクが統計上高いことはよく知られている事実だ。まして大事故を起こした原発など、どれだけリスクが高いのかは子供が考えても想像がつきそうな話だ。 津波と同じくまさしく日本にとって未憎悪の原発災害であり、チェルノブイリ級の惨事になる可能性が絶対ないと言い切れる段階でもないはずだ。
楽観的シナリオになったとしても放射性物質の拡散、垂れ流しは最終的に原子炉や施設全体を閉じ込めない限り継続するのだ。今ほどの量ではないにしてもだ。 続きを読む 人気ブログランキングへ
記事検索
車修理の工場検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ