福島原発の真実 | プルトニウムの毒性 | 東日本大震災と福島第一原発事故

福島原発の真実とは何か?福島第1原発の放射能が襲う日本の危機。東日本大震災(東北地方太平洋沖大地震)が引き起こしたプルトニウムに汚染された福島第一原子力発電所と計画停電の日本経済への影響や原発の最新情報。プルトニウムの毒性や半減期、高速増殖炉などについても解説。

保安院

「官邸の指示で出さなかった」 警戒区域4カ所で毎時100マイクロシーベルト超 

文部科学省は21日、福島第1原発から1~21キロ離れた150地点で先月末以降に測定した1時間当たりの放射線量を初めて公表した。
20キロ圏内の住民の立ち入りを禁じる「警戒区域」のほぼ範囲内。毎時100マイクロシーベルトを超えたのは、原発から2~3キロ地点の福島県大熊町の4カ所だった。公表が大幅に遅れた理由について、文科省は「官邸の指示で出さなかった」とした。

 最も高かったのは原発の西北西約2キロの大熊町夫沢で4月2日に観測した毎時124マイクロシーベルト。経済産業省原子力安全・保安院は、20キロ圏内の住民の一時帰宅について、毎時200マイクロシーベルトを目安としたが、今回の測定結果でこれを超えた場所はなかった。

 測定は、3月30日~4月2日と4月18~19日の2回に分け、文科省と東京電力などが実施。文科省は、20キロ圏内の測定は保安院や東電が担当すると説明していた。
続きを読む 人気ブログランキングへ

福島原発事故の1号機、3号機の原子炉建屋内で高い放射線量 ロボットで測定

福島第1原発の1、3号機で遠隔操作ロボットが測定した原子炉建屋内の放射線量の速報値を発表された。
1号機で最大49ミリシーベルト/毎時、3号機は57ミリシーベルト/毎時と高い線量だ。
測定結果について、経済産業省原子力安全・保安院の西山英彦審議官は「想定の範囲内ではあるが、作業には厳しい状況。できれば下げたい」と述べた。
1号機の測定箇所から約40メートル離れた南側の2枚目の扉手前では57ミリシーベルト/毎時と測定されている。
続きを読む 人気ブログランキングへ

福島原発3号機急激な温度上昇【 フランジ 】。放射性物質の濃度1週間で10倍に。

福島原発3号機で原子炉圧力容器の一部で、急激な温度上昇が起きている。
圧力容器のフランジと呼ばれる接続部分が12日に約170度だったのが、13日に約200度、14日に約250度に上昇した。
計測機器が故障の可能性もあるが、温度が上がっていることは間違いないとのこと。
圧力容器のフランジ接合部
 
保安院は「ただちに危険はない」とコメントしている。 続きを読む 人気ブログランキングへ

福島原発、国際評価尺度(INES)で、最も深刻な【レベル7】に引き上げ。

4月12日、原子力安全委員会、および原子力保安員は東京電力の福島第1原発の事故について、原子力施設事故の深刻度を示す国際評価尺度(INES)で、最も深刻な【レベル7】に評価尺度を引き上げた。
人類史上最悪の原発事故である86年のチェルノブイリ原発事故と同じレベルだ。
チェルノブイリ事故で放出された放射性物質の量は520万テラベクレル(1テラは1兆の10000倍)(1テラ=1京)とされている。
福島原発が放出した放射性物質の量を保安院は37万テラベクレル、内閣府原子力安全委員会は63万テラベクレルと推定している。
経済産業省原子力安全・保安院の試算によると、福島原発の放出量はチェルノブイリの約10分の1としている。
しかし、これはあくまで試算で、計算方法によって大きく異なると考えてよい。
続きを読む 人気ブログランキングへ

馬鹿丸出し!政府、保安院に原子力の専門家はいるのか?

福島第1原子力発電所の事故で飛散したと推定されるプルトニウムがついに施設内で検出された。決まり文句の「今のレベルは微量で人体に全く影響がない」との発表が繰り返しテレビで報道されていた。
だったら施設内は安全なのか?とツッコミ入れたくなる。 

事の重大さは検出された量よりも検出されたこと自体が極めて異常な事態であるということだ。プルトニウムのみに関して言えば、空気中の飛散のリスクはヨウ素131やセシウム137と比較して狭い範囲の汚染で留まる可能性が高い。従って、関東圏で生活している人が直接プルトニウムに汚染されるリスクは原子炉が大爆発でも起こさない限りはないといっていい。
しかし施設の半径何キロの範囲までプルトニウムの汚染があるのかないのかを今後モニタリングしていく必要がある。 
もしも、ほうれん草の葉っぱにプルトニウムがついていたらさすがに微量であっても食べる気にはならない。 続きを読む 人気ブログランキングへ

原子炉の状態を把握できない東電・政府・原子力保安院

福島第一原子力発電所の危機的状況が続いている。施設内のモニタリングは、原子炉の状態を把握するためにとても重要である。施設内で作業を行うにあたって、作業員の安全性を確保することが不可欠である以上、放射線の値をできるだけきめ細かくモニタリングしなければければならない。
さらに重要なのは、原子炉の状態を把握するための中央制御室や計器類が正常に稼動していないために、原子炉の状態を把握するj手段が限られているため、放射性物質のモニタリング結果から推測することが現状では最も有効な方法である点だ。

どの場所で、どのような放射性物質がどれくらいの濃度で検出されたかで原子炉や施設の破損状況を推測することができる。

27日に2号機についてとんでもない誤報が流れた。
2号機地下にたまった水の放射性物質(放射能)の濃度が通常の原子炉内の水の1000万倍でヨウ素134のが検出されたというものだ。放射線の強さは29億ベクレルというものだった。
これが事実とした場合は下記の推測が成り立つ。
・2号機の原子炉内の燃料棒は一部、またはほとんどが破損し溶融している。
・核分裂反応が止まっておらず、核分裂は現在も進行中である。
・何らかのルートで原子炉内の水が建屋の外に漏れ続けている。

放射線量の強さも問題なのだが、注目すべきはヨウ素134が検出されたという点だ。(28日に間違いであると発表)
 この半減期は52.5分とされきわめて短い。しかも、核分裂中の燃料棒からしか検出されない物質である。
ヨウ素134の濃度が極めて高いということは、燃料棒が核分裂を続けていることに他ならない。

28日なって、東電は訂正会見をした。

・2号機のたまり水の再検査の結果は、問題となっていたヨウ素134は検出されなかった。
・もともと検出されていたセシウム134という物質と取り違えていた。
・2号機タービン建屋のたまり水の放射線量は通常の原子炉の水の10万倍程度。
・2号機の水は1号機と同じく復水器に移す計画は復水器側の水がいっぱいで入らないので、肝心の汚染された水をどう処理するのか、見通しがない。高濃度の汚染が原子炉の冷却を継続するための施設の復旧作業に大きな障害となっている。
続きを読む 人気ブログランキングへ
記事検索
車修理の工場検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ