福島原発の真実 | プルトニウムの毒性 | 東日本大震災と福島第一原発事故

福島原発の真実とは何か?福島第1原発の放射能が襲う日本の危機。東日本大震災(東北地方太平洋沖大地震)が引き起こしたプルトニウムに汚染された福島第一原子力発電所と計画停電の日本経済への影響や原発の最新情報。プルトニウムの毒性や半減期、高速増殖炉などについても解説。

半減期

2号機 使用済み核燃料棒が損傷と推定も真偽は不明 工程表、早くも頓挫

2号機の使用済み核燃料プールの水を分析した結果、燃料棒が損傷している可能性が極めて大きいとされる。
以前から運転中の炉心の燃料棒については「一部溶融」または「溶融」と「メルトダウン」などの報道はされてはいたが、2号機の核燃料プールについては燃料棒の損傷はないとされてきた。
これは大変ショッキングなニュースといていい。
何故なら、東電は今後の工程表の中で6ヶ月から9ヶ月で原発から漏れ出る放射性物質をほとんど外部に影響のないレベルまで押さえ込むとしていた。
工程表の発表ニュースから1日で計画が早くも頓挫したに等しいといっていい。
2号機の使用済み核燃料プール内の燃料棒が損傷しているとなるとミスト状になった放射性物質が水中に溶け込み高レベルの汚染水で施設内が充満する。
作業計画の前提が狂ってしまうわけだ。
復旧作業のほとんどを人的作業に頼らざるを得ないが、作業する人間の上限の被爆量の限度があるから、1人の人間が作業できる時間には限りがある。
高レベル汚染では作業時間が十分確保できず、実質立ち入ることができない。
今回、汚染の調査のため、2号機燃料プールにつながっているタンクの水の放射性物質を分析。
ヨウ素131が1立方センチ当たり4100ベクレル。
セシウム137が1立方センチ当たり15万ベクレル、セシウム134は1立方センチ当たり16万ベクレルだった。
「セシウムが異常に多い」ことは原子炉内の燃料から出た場合の測定値とは異なりプール内の使用済み燃料が損傷した可能性が高いと東京電力ではみている。
2号機プールには核燃料棒を束ねた燃料集合体が615本入っている。
続きを読む 人気ブログランキングへ

福島原発30キロ圏外の土壌、植物でストロンチウム検出

文部科学省は12日、東京電力福島第1原発の30キロ圏外で、福島県内の土壌や植物から微量の放射性ストロンチウムを検出したと発表した。
ストロンチウムの検出は初めて。専門家は蓄積した場合の健康影響を懸念している。拡散の分布については今後の調査が必用のようだ。
ストロンチウムはカルシウムに似た性質があり、体内に入ると骨に取り込まれやすい。
内部被ばくではガンマ線よりも危険度が高いとされるベータ線を出し続ける。白血病や骨のがんのリスクがある。
福島県浪江町と飯館村でのサンプリングで、ストロンチウム89は13~260ベクレル/kg、ストロンチウム90は同3.3~32ベクレル/kgだった。
放射性のストロンチウム90はウランが核分裂する時にできる。ストロンチウム89の半減期は50日。ストロンチウム90の半減期は約29年。

経口で10000Bqのストロンチウム90を摂取した時の実効線量は0.28mSv/Hとされる。
皮膚表面の1平方cmに100万Bqが付着した場合は、その近くで1日に100mSv以上の被曝を受けると推定されるので微量でも健康への影響を受けやすい。人体へストロンチウムの毒性は高いといえる。
続きを読む 人気ブログランキングへ

そりゃとっくに廃炉でしょ。東京電力福島第1原発1~4号機廃炉を勝俣会長が明言

「海水を注入した状況を踏まえれば、おそらく廃止にせざる得ない」と言明したようだ。(30日の記者会見)
えっ?まだ廃炉を決定してなかったの?と思う人も多いはずだ。

まさか、福島第1原発の再稼動の可能性を残して昨日までは検討してた?

さすがにそれはありえないと思うが、東電の判断なのか政府の判断なのかはわからないが、事故後しばらくは再稼動の可能性を十分検討していたと思う。
続きを読む 人気ブログランキングへ

福島原発、これまでの最高値を記録。放水口付近の海水から基準値の3355倍のヨウ素検出

福島原発のニュースは日々刻々と報道されている。
東京電力は東京電力福島第1原子力発電所のモニタリングで30日、福島第1原子力発電所の南放水口付近で、国の定めた基準値の3355倍となる放射性ヨウ素131が検出されたと発表した。これまでに海水から検出された中では最も高い値となる。
セシウム134は520.2倍の値も検出されている。
サンプリングは29日の海水の模様である。プルトニウムについては検査していないためか発表はされていない。

一時低下傾向にあったが再び上昇したということは、燃料棒のか余裕したペレットの温度が再び上昇しはじめている可能性がある。
放水量を減らしているので温度上昇によって放射性物質の拡散が活発になった可能性がある。 

あるいは、温度自体は安定していて、部分的に濃度の濃い汚染水が漏れ出た可能性もある。 続きを読む 人気ブログランキングへ

福島原発で検出されたプルトニウムの毒性と意味。

福島原発の3号機では、MOX燃料が使用されている。
プルサーマル方式である。
MOX燃料というのは燃料混合体のことで、使用済み燃料中に1%程度含まれるプルトニウムを再処理により取り出し、二酸化プルトニウム(PuO2)と二酸化ウラン(UO2)とを混ぜた燃料体を原子炉で燃やす。
MOX燃料のプルトニウム濃度は4~9%程度とされる。
プルサーマル方式の原子炉はプルトニウムで燃料を作り、従来の熱中性子炉で燃料の一部として使用され、従来の軽水炉のままで運用が可能である。高速増殖炉を必要としない。
使用済みのウランを再処理してプルトニウムを取り出す分けだが、プルトニウム238 239 240は放射線(アルファ線)でその毒性も放射性物質の中でも最も危険な部類にランクしているが、吸引した場合のリスクが最も高いとされている。そのひとつの理由は物理的半減期が長いことと、実効半減期(体内に取り込んで蓄積された量の半減期間)が骨の場合50年と言われている。放射線の透過力は弱く、紙1枚で遮蔽できる。空気中の透過力は数センチと言われているので人体に付着、または内部に取り込まない限り、プルトニウムから放射線を直接被爆するような危険はベータ線やガンマ線を出す放射性物質よりは危険度が少ない。
猛毒たる所以は体内被曝した場合のリスクの高さだ。吸引によって肝臓または骨に蓄積され、実効半減期は肝臓で20年、骨で50年といわれる。
プルトニウムは、「人類が初めて作り出した放射性核種」であり、人類史上最も猛毒と言う学者もいる。
発がん性が高いという点で異論を唱える人はいないだろう。

続きを読む 人気ブログランキングへ

関東地方、たった3日で核実験の3倍のセシウム137降る。

過去、大気圏内で核実験が行われた際に、日本の大気中にどの程度の影響があったが分析されている。
昔は地下核実験より、世界中で幾度となく地上で水爆実験などが行われた。それによってどの程度の健康被害が日本にあったのかは不明であるが、興味深いデータが発表された。続きを読む 人気ブログランキングへ

原子炉の状態を把握できない東電・政府・原子力保安院

福島第一原子力発電所の危機的状況が続いている。施設内のモニタリングは、原子炉の状態を把握するためにとても重要である。施設内で作業を行うにあたって、作業員の安全性を確保することが不可欠である以上、放射線の値をできるだけきめ細かくモニタリングしなければければならない。
さらに重要なのは、原子炉の状態を把握するための中央制御室や計器類が正常に稼動していないために、原子炉の状態を把握するj手段が限られているため、放射性物質のモニタリング結果から推測することが現状では最も有効な方法である点だ。

どの場所で、どのような放射性物質がどれくらいの濃度で検出されたかで原子炉や施設の破損状況を推測することができる。

27日に2号機についてとんでもない誤報が流れた。
2号機地下にたまった水の放射性物質(放射能)の濃度が通常の原子炉内の水の1000万倍でヨウ素134のが検出されたというものだ。放射線の強さは29億ベクレルというものだった。
これが事実とした場合は下記の推測が成り立つ。
・2号機の原子炉内の燃料棒は一部、またはほとんどが破損し溶融している。
・核分裂反応が止まっておらず、核分裂は現在も進行中である。
・何らかのルートで原子炉内の水が建屋の外に漏れ続けている。

放射線量の強さも問題なのだが、注目すべきはヨウ素134が検出されたという点だ。(28日に間違いであると発表)
 この半減期は52.5分とされきわめて短い。しかも、核分裂中の燃料棒からしか検出されない物質である。
ヨウ素134の濃度が極めて高いということは、燃料棒が核分裂を続けていることに他ならない。

28日なって、東電は訂正会見をした。

・2号機のたまり水の再検査の結果は、問題となっていたヨウ素134は検出されなかった。
・もともと検出されていたセシウム134という物質と取り違えていた。
・2号機タービン建屋のたまり水の放射線量は通常の原子炉の水の10万倍程度。
・2号機の水は1号機と同じく復水器に移す計画は復水器側の水がいっぱいで入らないので、肝心の汚染された水をどう処理するのか、見通しがない。高濃度の汚染が原子炉の冷却を継続するための施設の復旧作業に大きな障害となっている。
続きを読む 人気ブログランキングへ

プルトニウムの毒性

プルトニウムの半減期はプルトニウム239の場合約2万4000年(アルファ崩壊による)。比重は 19.8 で、大変重い金属である(結晶構造は単斜晶)。融点は639.5℃、沸点は3230℃(沸点は若干異なる実験値あり)。硝酸や濃硫酸には不動態となり溶けない。塩酸や希硫酸などには溶ける。原子価は、3価~6価(4価が最も安定)。プルトニウムとその化合物は人体にとって非常に有害である。プルトニウムはアルファ線を放出するため、体内に蓄積されると強い発癌性を持つ。

続きを読む 人気ブログランキングへ
記事検索
車修理の工場検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ