福島原発の真実 | プルトニウムの毒性 | 東日本大震災と福島第一原発事故

福島原発の真実とは何か?福島第1原発の放射能が襲う日本の危機。東日本大震災(東北地方太平洋沖大地震)が引き起こしたプルトニウムに汚染された福島第一原子力発電所と計画停電の日本経済への影響や原発の最新情報。プルトニウムの毒性や半減期、高速増殖炉などについても解説。

汚染

なでしこJAPAN ワールドカップ優勝

日本女子サッカーがW杯で強敵米国を制して見事優勝した。
大震災後の日本にとっては久々に明るい話題を提供してくれた。そして、日本が優勝したことに海外からも賛辞が贈られた。

菅総理がワールドカップ決勝戦の観戦を政府専用機で計画していたそうだがトンでもない話だ。頭の中がどうかしている。人気取りのためになでしこジャパンにあやかろうという卑しさ。
そんなことしてる場合か。辞めるって言って不信任案を否決してもらったんだから。とっとと辞めろ。

神聖な試合を政治的に利用しようなんてサッカーファンをバカにしている。

我々日本国民に感動と勇気をありがとう!やまとなでしこに幸あれ!
続きを読む 人気ブログランキングへ

なるほど!と思ったイオンでの福島産の名産品、生鮮食料品の販売の皮肉。

民主党の幹事長である岡田克也氏はイオングループの創業者岡田卓也氏を父に持つ。
2歳年上の兄である岡田元也氏は岡田家の後継者としてイオングループのCEO(取締役兼代表執行役社長)であることから、岡田克也氏の最大の支援者はイオングループやその従業員、家族だといわれる。

そうはいっても、一民間企業のイオングループに政治的に強制力が働いたり、逆に便宜があってはならないが、菅総理のいう東北地方の風評被害をなくして安全な野菜を積極的に食べてもらおうというキャンペーンにイオンが一役買ったらどうかと思った。
そこでイオングループがどのくらい福島に貢献しているのか調べてみたところ、福島市のイオン福島店で県産農産物の安全をPRしたり、県内のほかの県内イオングループ8店舗でも積極的な販促活動を始めたようだ。

イオングループに私情は特にないが、福島産のものを福島県のお店で売ってもどうかと思った。まずは地元からということなんだろうが、全国的に市場や流通において福島産を敬遠する風評被害が出ていて、そこが問題なのだから、どうせやるなら全国のイオンで福島産の野菜で店頭を埋め尽くしたらどうか。
安全、大丈夫というなら流通大手が率先して見本を見せてもらいたい。岡田氏や民主党にとってありがたい支援にもなること間違いない。

しかし、本当にそんなことができるのかというと、食べ物は消費者の口に入るものだから、絶対安全という保証がなければ消費者に売らないという姿勢が流通に携わる人々の良心である。
このくらいは大丈夫じゃないか?という発想で売っているスーパーから食べ物を買おうとは思わない。

要は何を言いたいのかというと、レンホーにイチゴを食べてほしいわけでもなく幹事長がトマトにかじりついてほしいわけではない。
続きを読む 人気ブログランキングへ

汚染地域での稲作を制限。土壌1kgあたり5000ベクレルを超える場合。

農家では米の作付け時期が迫っている。
放射性物質の土壌汚染で、土壌1kgあたり5000ベクレルを超える場合は作付けをしないよう制限される見通しだ。
続きを読む 人気ブログランキングへ

ドイツの気象庁ホームページで公表。福島原発放射性物質の拡散予想。

福島原発事故の拡散予想 ドイツ気象庁ホームページ

日本の気象庁でもデータを公開することになったが、ドイツの気象庁のホームページで放射性物質の拡散予想が公表されている。

ドイツ気象庁ホームページ
http://www.dwd.de/ 

拡散予想図 ドイツ気象庁
続きを読む 人気ブログランキングへ

試算が正しければ、福島は今や史上最悪の原発事故になっている

福島第1原発の修復の見通しが立たず、放射性物質の垂れ流しが少なくとも数ヶ月単位と長期化しつつある。
日本(政府)が意地を張らずに、事故直後、米国のアドバイスと支援を受け入れていればこれほど事態は悪化しなかった。
米国の原子力工学研究者による試算で、福島第1の事故で放出されたセシウム137の濃度が、チェルノブイリ原発の事故で検出された数値を上回ったとして、米国の専門家は「試算が正しければ、フクシマは今や史上最悪の原発事故になっている」と警告。日本の当局が国際原子力機関(IAEA)や諸外国政府の支援を受けるのをためらえば「事態はさらに悪化する」と断言した。
続きを読む 人気ブログランキングへ

今度はシイタケ 福島県いわき市 1.78倍の放射性セシウム

いわき市のシイタケから規制値超える放射性物質が検出された。
露地栽培されたシイタケから規制値の1.55倍に当たる放射性ヨウ素131と1.78倍の放射性検出された。
続きを読む 人気ブログランキングへ

福島原発の放射性物質の下降で水道水の汚染を心配の場合は・・・

福島原発の放射能汚染で水道や大気がどうなのか気になる人も多いと思う。
文部科学省のHPでは、上水(蛇口水)、定時降下物のモニタリング結果を公表している。

http://www.mext.go.jp/a_menu/saigaijohou/syousai/1303956.htm続きを読む 人気ブログランキングへ

福島原発30~45キロ3地点、年間許容量超す。(3月31日読売新聞)

福島第一原発事故の影響を継続して調査している文部科学省は31日、福島県内の大気中の放射線量などの測定結果を公表した。
同省は原発から20キロ圏の外側で積算の放射線量も計測している。3月23日正午過ぎから7日間計測できた、原発から約30~45キロの4地点中、3地点で、7490マイクロ・シーベルト(北西約30キロ、浪江町)、4449マイクロ・シーベルト(北西約30キロ、飯舘村)、3428マイクロ・シーベルト(西北西約30キロ、浪江町)を記録、自然界や医療行為以外で人が浴びてよいとされる年間許容量1000マイクロ・シーベルトを超えた。一般に健康に影響が出るのは最大値の約13倍、100ミリ・シーベルト以上とされる。
続きを読む 人気ブログランキングへ

福島原発 トレンチの汚染水は原子炉内部の水の1万倍!1ccで390万ベクレル!

通常の原子炉内部(圧力容器内)にある水の10000倍の高濃度の放射能で汚染された水がトレンチに溜まっている。

東日本大震災で被災した東京電力福島第1原発3号機で作業中の作業員2人が水たまりに足をつけて被ばくした問題で、汚染された水たまりの放射性物質の濃度が1立方センチ当たり約390万ベクレルに上ったとする調査結果を明らかにした。原子炉内の冷却水に比べても約1万倍に達する高濃度で、水表面の線量は1時間当たり400ミリシーベルトにもなる。
追記--
福島原発のトレンチの汚染は4月16日現在になっても高濃度の汚染水が地下水に浸透 しつつあるとの懸念がある。
続きを読む 人気ブログランキングへ

牛肉で規制値超す510ベクレルのセシウムが検出(福島産)ところが再検査で負検出。

厚生労働省は31日、福島県天栄村産の牛肉から食品衛生法の暫定規制値を超える放射性セシウムが検出されたと発表した。食肉での規制値超過は初めて。厚労省によると、この牛の肉は全量が保管されており、市場には出回っていないという。
セシウムの規制値は1キロ当たり500ベクレル。国の原子力災害現地対策本部と県が冷蔵保存されていた天栄村産の牛もも肉を検査した結果、規制値を10ベクレル上回る510ベクレルのセシウムが検出された。牛は15日に郡山市内で食肉処理されている。
続きを読む 人気ブログランキングへ

基準68倍のセシウム(福島産ほうれん草)。43品中25品の野菜が基準を超える汚染

厚生労働省は30日、福島県産のホウレンソウやクキタチナなどの野菜から食品衛生法の暫定基準値を超える放射性物質を検出したと発表した。同県大玉村のホウレンソウから基準値(1キログラム当たり500ベクレル)の68倍にあたる3万4千ベクレルの放射性セシウムが検出された。同県田村市のホウレンソウからは基準値(1キログラム当たり2千ベクレル)の4・2倍に当たる8400ベクレルの放射性ヨウ素が検出された。
今回、基準値を超える放射性物質が検出された野菜は、原子力災害対策特別措置法に基づき、「出荷停止」と「摂取制限」がかけられており、市場には流通していない。
厚労省によると、政府の現地対策本部が28日に採取した43検体の野菜を検査した結果、県内25市町村のホウレンソウ、クキタチナ、ベニサイタイ、シノブフユナ、サントウナ、ブロッコリー、キャベツ、ミズナ、アブラナなど25検体から基準値を超える放射性物質が検出された。
続きを読む 人気ブログランキングへ

福島原発に布をかける?

放射性物質を放出し続ける福島第一原子力発電所だが、ここにきてびっくり仰天のウルトラCが出てきた。

フランスの専門家チームが来日して支援にあたるとの情報も伝えられているので、日本人のアイデアなのかフランス人のアイデアなのかわからないが、原発の建屋に特殊な布をかけて飛散を防ぐというものだ。

また、問題となっている高濃度の放射性物質で汚染されている汚染水の回収については、タンカーで回収する案を検討中という。
タンカーの回収作業も危険が伴う作業で実現可能なのか疑問も残る。さらには、タンカーのような大型船が接岸可能なのかも不明だ。続きを読む 人気ブログランキングへ

福島原発2号機タービン建屋に通じるトレンチの放射能汚染水

建屋に通じる「トレンチ」と呼ばれるトンネルにたまっている水の表面から1000ミリシーベルト/h以上の強い放射線が計測されていて、海に流れ出す危険があるようだ。

あんなにたくさん原子炉に注水や使用済み核燃料の貯水プールに放水して流れ出た水は大丈夫なのか?とテレビを見ながら感じた視聴者も多かったと思う。 続きを読む 人気ブログランキングへ

福島原発の作業員は日当40万?

今日ある夕刊紙で福島原発の作業員を1日40万で手当しているという記事を見た。続きを読む 人気ブログランキングへ

葛飾区のみなさん! WHOの安全基準を大きく上回る21倍の放射性ヨウ素です。

厚生労働省が設定した放射線量の暫定基準値とWHO(世界保健機構)の基準値では20倍30倍の開きがあります。日本の安全基準値は世界的に見てかなり厳しい基準との報道がされていますが、飲料水、食品に限って言えばその逆です。
政府もマスコミもこの事実を国民にきちんと伝えていないです。
学者はただちに健康に影響はないと繰り返していますが、ほんとにそうですか?

葛飾区金町浄水場からは210ベクレル/kgの放射性ヨウ素が検出されましたが、WHOの基準の21倍ではないか!!この放射能汚染レベルの水を1ヶ月飲み続けても大丈夫と言い切れるのでしょうか?

もう少し具体的な資料を明示しながら説明しましょう。

厚生労働省が設定した放射線量の暫定基準値 はヨウ素131が300ベクレル/㎏、セシウム137が200ベクレル/kg
(水1L=1Kg)
kourousyou 











































厚生労働省の暫定基準値は、食品・飲料水などを6項目に分類。放射性ヨウ素や放射性セシウムなどについての基準値を定めたものとなる。
飲料水の場合、放射性ヨウ素が1キログラムあたり300ベクレル、放射性セシウムが同200ベクレル、ウランが同20ベクレル、プルトニウム及び超ウラン元素のアルファ核種が同1ベクレルとなっている。

ちょっと待てと言いたい。この日本の安全基準とWHO(世界保健機構)の安全基準を
比較してみて驚いた!

WHO(世界保健機構)の安全基準値 はヨウ素131、セシウム137ともに10ベクレルだ。
230ページ参照
who 











































セシウム137や放射性ヨウ素131がWHO基準で10ベクレル/Kgとしている。
プルトニウム238 プルトニウム239は最も猛毒で1Bq/Kgとしている。
使用済み核燃料棒の被覆管であるジルコニウムが水と反応して水素を発生し、その水素が爆発を引き起こして原子炉の建屋を吹き飛ばした。ジルコニウムが溶けたということは中身の放射性物質も漏れている。だから放射性ヨウ素131やセシウム137が検出されている。ならば普通に考えてプルトニウムも漏れていて不思議はない。ヨウ素137と比べて遠くまでは飛散しにくいと言われてはいるが、半径30キロ圏内はプルトニウムの検出があったとして全然不思議ではないのだ。プルトニウムの毒性はWHOの安全基準ではセシウム137の10倍あるとされている。
24日に福島原発の作業員3人が被爆したという量は170ミリマイクロシーベルトだが、アルファ線なのかベータ線なのかも非常に気になる。その両方ということも十分ありえる。
アルファ線の被爆が認められた場合、何を意味するかというと、プルトニウムが漏れていることになる。
ヨウ素131やセシウム137はベータ線なのだ。


厚労省は大人は300ベクレル、乳幼児では100ベクレル以下なら安全としているが、その安全基準の根拠は何でしょうか?暫定基準値が発表されたのは3月17日なのです。3月12日に1号機の建屋が水素爆発で吹き飛んで放射性物質が拡散し始めて、それから1週間も経って発表されたわけで、その間、テレビでは専門家が、日本の安全基準は国際的に見て非常に厳しく、余裕をもって基準が設けられているとか言ってた。
WHO(国際基準)の20倍も30倍も濃度が高い放射線を含んだ飲料水が安全と言ってる日本のどこが国際的に見て厳しい安全基準なのか?学者先生に問いただしてみてもいいだろうか?
マスコミも政府も国民を馬鹿にしてるのかと言いたくなる。官房長官はもっと勉強したらどうか。もしくは、警鐘を鳴らし続けている学者の意見に耳を傾けたらどうか?

葛飾区金町浄水場からは210ベクレル/kgの放射性ヨウ素が検出されている。
WHOの基準の21倍ではないか!!
葛飾区のみなさん! WHOの安全基準を大きく上回る21倍の放射性ヨウ素を含んだ浄水場から供給された水を飲まされてます!!

暫定的に通達された「安全基準」はでたらめもいいところ。原発事故で国民をパニックにさせないために、テキトーに都合のいい数字を安全基準にあてはめたのではないかと言いたくなる。

日本の安全基準は世界と比較して、かなり厳しい基準を設けているかの如くテレビで報道されて、とりあえず私はそれを信じた。
しかし、事実は全くその逆で、飲料水、食品は世界基準の20倍、30倍に甘くなっている。
定められたのは3月17日。厚労省の通達したこの内容は東電よりいい加減ではないか・・・
原発に強いソーリからも国会答弁で説明していただきたい。テレビ局や記者達が、どうしてそのような報道をしたのかNHKの会長でもいいから国民にわかりやすく説明してもらえないだろうか。


http://atmc.jp/water/

続きを読む 人気ブログランキングへ

なんだかもう放射線がそこらじゅうに

なんだかもう放射線が河川、海、水道水、ほうれん草、乳牛などあちこちで放射性ヨウ素、セシウムなどが検出され、大変なことになってきた。
もう慣れてしまってあまり気にしないよという人も中にはいるだろうが、今や最大の関心事といえる。
マスコミに出る学識者は口をそろえたように「ただちに人体に害はない」を繰り返している。
だったら何故、野菜が出荷停止になったり東京都がひとりの乳児に3本のミネラルウォーターの配給を決定したりするのだろうか。続きを読む 人気ブログランキングへ
記事検索
車修理の工場検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ