福島原発の真実 | プルトニウムの毒性 | 東日本大震災と福島第一原発事故

福島原発の真実とは何か?福島第1原発の放射能が襲う日本の危機。東日本大震災(東北地方太平洋沖大地震)が引き起こしたプルトニウムに汚染された福島第一原子力発電所と計画停電の日本経済への影響や原発の最新情報。プルトニウムの毒性や半減期、高速増殖炉などについても解説。

河野太郎

週刊現代最新号(4月30日)で経産省の現役研究員が実名告白

目次タイトル
【ぶち抜き大特集100ページ】私たちはどこで間違えたのか 原発列島 ニッポンの虚実
〈放射能汚染は終わらない〉レベル7 現実は想像を超える
福島第一原発 出口のない闘い
〈原子力安全・保安院職員の告白〉「たぶん再臨界はない。でも、その次の最悪が防げるかは分からない」
〈原子力学会元会長らが懺悔〉「原発は安全だと言い続けた私たちが間違っていた」
「レベル7」チェルノブイリからの報告 いずれ日本人に起きること
河野太郎「原発反対の私が受けた嫌がらせの数々」
〈経産省の現役研究員が実名で明かす〉「あの事故は起こるべくして起きたのです」
原発 このとんでもない現場
原発労働者は二度殺される
水素爆発の公式記録を書き換えた「あと出し官邸団」
【全国民必読】〈このまま放っておきますか レベル7の恐怖〉静岡・浜岡原発 まるでフクシマ
【LOOK!】「菅退陣」で朝日記者と西岡参院議長 大ゲンカ/今度は「細野大臣」総理、気は確かですか/「義援金100億円」を孫正義はどこから出すのか/「逃亡中」日テレ・辣腕デスク/地球環境大賞に「東電」フジサンケイのトホホ
東京・東海 M8.0級大地震に備えよ
あの環境NGOが調べた「福島の放射能汚染」
レベル7 経済大国からの転落〈ポルトガルになるのか〉
週刊現代最新号(4月30日)
 
続きを読む 人気ブログランキングへ

計画停電は不要?夏場の電力需要はまかなえる。

このところの気温上昇で温かくなり電力需要が減少したため、停電の恐怖からひとまず開放されている。
夏場を迎えると800万キロワットから1000万キロワットの電力が不足するといわれ、計画停電によって事業所、工場、一般家庭のほとんどすべての人々が停電の影響を受けるといわれている。
日本経済も深刻な状況を迎えることになりそうだが、自民党の河野太郎議員はある資料を元に、計画停電は不要で、電力需要は十分まかなえると言っている。
自民党有志と環境エネルギー政策研究所(ISEP)の勉強会で試算したものだ。
試算は河野太郎議員のブログ にも掲載されている。
続きを読む 人気ブログランキングへ
記事検索
車修理の工場検索
QRコード
QRコード
プロフィール

rory1002

  • ライブドアブログ