福島原発の真実 | プルトニウムの毒性 | 東日本大震災と福島第一原発事故

福島原発の真実とは何か?福島第1原発の放射能が襲う日本の危機。東日本大震災(東北地方太平洋沖大地震)が引き起こしたプルトニウムに汚染された福島第一原子力発電所と計画停電の日本経済への影響や原発の最新情報。プルトニウムの毒性や半減期、高速増殖炉などについても解説。

津波

しっかり想定していた津波被害!「全電源喪失」「炉心損傷」 原子力安全基盤機構

津波15メートル超で「炉心損傷」 原子力安全基盤機構が想定していた。

独立行政法人「原子力安全基盤機構(JNES)」が平成19年以降、津波を想定した被害の研究報告をホームページで公開していた。
http://www.jnes.go.jp/index.html


福島原発事故は研究報告通りの展開で、津波の波高についても想定していた。
22年12月の報告書では、15メートル超の津波が原発を襲った場合は炉心損傷確率を「ほぼ100%」としていた。
JNESが20年8月にまとめた報告書には、津波被害を起因とする炉心損傷の可能性を明確に指摘している。

研究報告書では、これら実際に起きた具体的な被害をすべて想定しており、結論として「全電源が喪失し炉心損傷に至る可能性がある」と報告しているのだが、せっかくの研究もホームページに公開しておしまいだったようだ。

これらの研究報告書は原子力安全基盤機構のホームページで誰でも閲覧できる。
研究内容が活かされなかったのは残念としか言いようがない・・・。

事故シーケンスの試解析
続きを読む 人気ブログランキングへ

女川原発1号機、津波(引き波)によって水位が低下すると、冷却水を取水できない。

共産党の吉井議員が過去、原発のリスクを経済産業省の委員会などで何度か指摘をしていたことについてこのブログでも触れたが、福島第1原発以外にも原子炉を冷却できなくなる危険性があることを指摘している。
具体的には、女川原発1号機のほか、6機の原発については、引き波で水位が下がった際に取水ができないことと、それを想定した場合に欠かせない貯水槽がないことを問題にしている。

冷却ができない場合は炉心溶融の危険があり、事実福島第1原発はそうなった。

福島第1原発についても吉井秀勝議員は今回の事故を想定した津波による電源喪失のリスクを指摘している。
指摘されていた危険が現実となった今、他の原発についての対応と危機管理については政府、保安院、原子力安全委員会は今後どのように対応していくのか我々は注視していく必要がありそうだ。
続きを読む 人気ブログランキングへ

菅政権「さらなる災禍招く」=小沢氏、首相の震災対応を批判

民主党の小沢一郎元代表は13日、東日本大震災や福島第1原発事故への菅政権の対応について「初動対応の遅れをはじめ、菅直人首相自身のリーダーシップの見えないままの無責任な内閣の対応は、今後、さらなる災禍を招きかねない」などと厳しく批判する見解をまとめた。10日の統一地方選前半戦での民主党大敗で菅政権の求心力が低下する中、小沢氏が公然と首相を批判したことで、首相退陣を求める声が高まる可能性がある。
見解は、小沢氏を支持する若手議員による「北辰会」の13日の会合で配布された。小沢氏周辺によると、同氏と12日に会談した鳩山由紀夫前首相も、認識を共有しているという。<br /> 小沢氏は見解で「地震、津波による被災者への対応は遅々として進んでいない」と強調。「政治家が最後に責任を取る覚悟を持てないのであれば、何のための政権交代だったのか」と指摘し、統一地方選の結果については「国民からの菅政権への警告だ」としている。(2011/04/13-16:17 時事通信)続きを読む 人気ブログランキングへ

今回の福島原発に学ぶ緊急時の原子炉強制停止。

結果論ではあるが、大地震と津波によって福島原発は致命的な事故を起こしてしまったが、災害時に自動で強制停止することが必ずしも安全とは言い切れない気がしてきた。
女川原発や東通原発でも7日深夜の大きい余震の影響で外部電源が断たれ、非常用発電機も機能しなかった。お粗末な話であるが、客観的事実として災害時に非常用電源が役に立たない確率が結構高いということだ。
仮に非常用発電機が問題ないなく動いたとしても燃料は1日分程度という。

燃料補給ができないリスクも考慮すると安全とは程遠い感じがしてくる。 

災害時には設備のいろいろなものが壊れる。
非常用の発電設備もそのひとつだ。発電設備だけ何があっても無傷という考え方が根本的におかしい。 続きを読む 人気ブログランキングへ

東北地方 7日午後11時32分に、最大の余震を観測。宮城県栗原市で震度6強

7日午後11時32分に、最大の余震を観測した。

この余震は関東地方でも大きい揺れを感じた。
仙台市内では3月11日の揺れよりも大きく感じたという人も少なくない。

東北電力の管内では多くの変電所、送電設備などが損傷し大規模な停電が発生した。断水なども発生した。
津波警報が出された地域では、深夜にもかかわらず、大勢が高台に避難している。この時の津波の高さは1Mと予想された。
4人が死亡、140人がけが、建物の被害は全半壊が宮城県で5件、全焼が宮城と岩手両県で3件あった。一時東北260万戸世帯で停電した。
続きを読む 人気ブログランキングへ

使用済み菅燃料棒 永田町のアブナイ話 早く冷やして処理しろ。

政治がきな臭くなってきている。
自民党との大連立の話が噂されているが、自民党は菅抜きが絶対条件のようだ。

一方、菅総理も谷垣自民党総裁との二者会談を申し入れて唐突に連立の申し入れをしたそうだが、その場で即答しなかった谷垣氏に対し非協力的と非難するような発言があったらしい。

自民党に持ち帰って協議しなければならないし、谷垣総裁がいきなり前触れもなくそんな話をされて即答できるはずもない。

要は菅総理のパフォーマンス。野党に協力を申し入れたのに断れたとアリバイ作りをしたかっただけなのだ。

国家的危機と言っておきながら総理がこんなことやってる場合か?
民主党内の中間派議員や菅寄りの議員の間でも菅ではもうアブナイと感じているようだ。

このアブナイという意味は民主党が支持を失うとか支持率が下がるとかそういう意味ではなく、素直に「アブナイ人」という意味だ。普通の冷静な判断ができず、頭も悪いし唐突に何をしでかすかわからない。民主党うんうん以前にこの人に総理をやらせていたら本当に日本は危ないという恐怖が頭をよぎるのだろう。

続きを読む 人気ブログランキングへ

岩手県宮古市田老地区の津波最高到達点38メートル

岩手県宮古市の田老地区で、陸地の斜面をさかのぼって到達した津波の高さ(遡上高)が37.9メートルにまで達していたことが3日、東大地震研究所の都司嘉宣准教授(地震学)の現地調査で分かった。続きを読む 人気ブログランキングへ

東日本大震災 一番安全なのは刑務所だった。

東北の海岸地帯を襲った大津波。仙台市若林区も大きな被害が出たが、刑務所は安全だったようだ。
若林区の荒浜海岸から5kmほど離れたところに仙台刑務所がある。

刑務所の建物は非常に頑丈にできてるそうだ。
津波の浸水も建物の倒壊もなく、職員や受刑者も全く被災することはなかった。
さらに食料など刑務所には大量の備蓄があり、暖房も通常通りだったらしい。

周辺住民が停電や断水、物資の不足などで被災された人々が苦しい生活を強いられている中、通常の受刑生活が維持できたとの事で、被災民からするとうらやましく思うほどの生活環境だったかもしれない。
続きを読む 人気ブログランキングへ

福島原発 原子炉格納容器内を水素で充填。爆発防止へ対策。

3月2日、東電の発表によると福島第1原発1~3号機の原子炉格納容器を窒素ガスで充填させる「窒素パージ(置き換え)」を検討しているとのことだ。窒素は燃えにくく、格納容器内の水素爆発を防止できる。

続きを読む 人気ブログランキングへ

福島原発は廃炉解体に200年?チェルノブイリ原発の解体は約100年かかるとの見通し

 【モスクワ共同】ソ連時代の1986年、大事故を起こしたウクライナ北部のチェルノブイリ原発周辺の立ち入り制限区域を管理する政府機関幹部ドミトリー・ボブロ氏は28日、同原発を解体するためには約100年かかるとの見通しを示した。タス通信が伝えた。

 ボブロ氏はその理由として「極めて高い放射性物質による汚染」などを挙げ、今後5年間だけでも毎年1億2500万ドル(約102億円)が必要だと主張した。危険性が高く作業が困難なため、長い年月と巨額の費用がかかるとみられる。

 チェルノブイリ原発では、大事故を起こした4号機は事故後、コンクリート製の「石棺」で覆われた。当時稼働していた1~3号機は2000年までに順次運転を停止し閉鎖したが、原発当局者によると、事故から25年たった現在でも3480人が働き、石棺や使用済み核燃料の安全管理などに当たっている。

続きを読む 人気ブログランキングへ

スリーマイル30年、チェルノブイリ78年、フクシマ100年?

廃炉作業が行われている日本初の原発「東海原発」。32年間運転して1998年に運用が終了した。使用済み燃料棒は3年かけてイギリスで再処理され、原子炉の放射能レベルが10分の1に下がるまで12年。その後、解体作業に5年、廃炉作業が終わるのは2020年ということだ。原発が定年退職して廃炉されるまで約22年を要する計算だ。運用を停止した後も膨大なコストがかかる。
 79年に炉心溶融事故を起こしたスリーマイル島原発は、燃料の取り出しに6年かけたが、一部は残ったまま。いまも監視状態にある。これまでに9億ドル以上の費用がかかっている。 

スリーマイル島原発2号機の事故(1979年)では80年から除染作業に入り、原子炉からの燃料の取り出し作業は85年から90年までの5年かかった。 93年に除染が確認されている。
30年以上経った今でも1号機とともに今現在も監視状態で廃炉に至っていない。 これまでに9億ドル以上の費用がかかっている。(1ドル80円とすると720億円)
チェルノブイリ原発事故(1986年)は原子炉が大爆発して放射性物質が広範囲に飛散し大きな被害が出た。
建物全体をコンクリートで覆う「石棺工事」をやった。まだ燃料の95%は残っていて今後の廃炉計画が不透明だが2064年に廃炉事業終了の予定だ。事故から78年だ。
 
続きを読む 人気ブログランキングへ

計画停電は不要?夏場の電力需要はまかなえる。

このところの気温上昇で温かくなり電力需要が減少したため、停電の恐怖からひとまず開放されている。
夏場を迎えると800万キロワットから1000万キロワットの電力が不足するといわれ、計画停電によって事業所、工場、一般家庭のほとんどすべての人々が停電の影響を受けるといわれている。
日本経済も深刻な状況を迎えることになりそうだが、自民党の河野太郎議員はある資料を元に、計画停電は不要で、電力需要は十分まかなえると言っている。
自民党有志と環境エネルギー政策研究所(ISEP)の勉強会で試算したものだ。
試算は河野太郎議員のブログ にも掲載されている。
続きを読む 人気ブログランキングへ

津波の痕跡、最大30メートル近い津波。リアス式海岸を襲う津波の恐怖。

東日本大震災の大津波を調査している土木学会津波痕跡第1期調査団(代表・佐藤慎司東大教授)は
29、30の両日、大船渡市三陸町の綾里湾を調査し、津波の痕跡高25~26メートルを観測した。
局地的には29メートルに達した場所もあった。
リアス式海岸の地形で波が増幅し、海岸から低地が広がる市街地で甚大な被害を受けたことが調査から分かった。
綾里湾はリアス式海岸特有の陸に向かって狭くなる地形。湾奥ほど波が集まり増幅したという。
湾奥の崖には25~26メートルの津波痕跡が確認され、局地的に29メートルの地点もあった。
最大波の前には海底が見えるほどの引き波があったという。

鉄筋コンクリートの建物が海側に倒れているなど、建造物の破壊は津波が押し寄せる時の威力よりも、引き波の時の威力の方が大きかったとみられる。

陸前高田市でも15メートル以上の津波痕跡が確認されている。
続きを読む 人気ブログランキングへ

強盗・略奪に苦しむ東北被災民 -日刊ゲンダイ-

にわかには信じがたい話だが31日付けの日刊ゲンダイで東北地方の一部の地域では強盗、略奪、窃盗が横行し治安が悪化しているという記事が書かれていた。
支援物資に金属バット?何に必要かと思いきや暴漢対策とか。
就寝の際は護身用に出刃包丁を枕元に置いたりしているお年寄りもいるらしい。

情報ソースはある作家の実名が新聞に出ているからでたらめな話でもないだろうが、情報ソースを最後までたどっていくと、出元はツイッターのつぶやきだったりすることもあるらしいので、真偽の程はわからない。

日本人の美が世界で賞賛されていてそのような話題は心を和ましてくれるが、古今東西善人ばかりというわけではないだろう。続きを読む 人気ブログランキングへ

スカイツリーが634m最高点に

東京スカイツリーが18日午後1時34分、完成時の高さ634メートルに到達した。
今年末に完成、2012年春の開業予定。
続きを読む 人気ブログランキングへ
記事検索
車修理の工場検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ