福島原発の真実 | プルトニウムの毒性 | 東日本大震災と福島第一原発事故

福島原発の真実とは何か?福島第1原発の放射能が襲う日本の危機。東日本大震災(東北地方太平洋沖大地震)が引き起こしたプルトニウムに汚染された福島第一原子力発電所と計画停電の日本経済への影響や原発の最新情報。プルトニウムの毒性や半減期、高速増殖炉などについても解説。

義援金

見当違いなマスコミの「被災者支援の高速道路無料化」悪用批判。

見当違いなマスコミの「被災者支援の高速道路無料化」悪用批判。

被災地域の復興支援を目的に無料化している東北地方の高速道路を被災者とは関係のない運送業者の大型車両が利用していることがマスコミで取り沙汰されている。
水戸IC利用トラックの14%がこれらの制度の利用を本来の被災とは関係のない車両が利用しているらしい。
制度の悪用と呼んでいるが、別に法に触れているわけではないので活用と呼ぶべきではないか。
(もちろん制度の目的からして、好ましい利用とは言いがたいが・・・)

http://www.e-nexco.co.jp/pdfs/110623.pdf

しかし、利用者を批判するのはお門違いで、政権の人気取りで思いついた欠陥だらけの制度を運用している役人なり政治家の責任こそマスコミは批判すべきだ。

大畠国交相は「こうした状況が続くようであれば、制度を8月末で打ち切らざるを得ない」と発言しているが欠陥制度を運用している大臣の責任はどうなんだ。
(打ち切らざるをえないの言葉の裏には、予算を使い切ってしまうのでお金がなくなるからという意味が含まれる) 

この制度は民主党政権が思いつきで実施したものだ。いっそのこと、そもそも高速道路は無料化すると公約していたんだから、東北地方を口火に公約を実行したに過ぎないと開き直ってもらうなら民主党の批判は必要ないだろう。

問題の本質だが、被災者支援の高速道路無料化には復興予算が使われている。(2次補正)
東北地方の高速道路は「東日本高速道路株式会社」という民間企業が運営している。(旧道路公団で半官半民のような会社)
被災者支援の無料化と言っても実は「東日本高速道路株式会社」が無料で車両を通行させているわけではない。
無料で通行する車両が1台あるごとに、その利用料金は国に請求している。「東日本高速道路株式会社」の懐はちっとも痛まないのだ。
むしろ、無料化によって通行車両が増えれば増えるほど国に請求する通行料金も増えて売り上げがたくさん入る。
「東日本高速道路株式会社」という会社は通行料が増えたことで潤っているわけだ。

変な話ではないか。本来の目的とは違った利用をしている車両の通行料金は我々の血税で負担し、その金は「東日本高速道路株式会社」の懐に入る。
この制度で一番得をしているのは、「東日本高速道路株式会社」ということだ。被災者支援を名目に支援の必要のない「東日本高速道路株式会社」という役人の天下り先企業が我々の税金で潤っているわけだからマスコミはこのことを問題にしたほうがいい。

続きを読む 人気ブログランキングへ

目が行き届かない「長野県・栄村」の被災状況と村の復興

東日本大震災の翌日に 長野県北部で震度6強の強い地震があり、栄村では死者こそ出なかったが大きな被害を受けた。
「栄村大地震」とも呼ばれている。
村内では家屋が全半壊した家屋も多く、現在もなお、避難所生活やライフラインがストップしたままの地域も残されているという。
約2300人の村民の平均年齢は56歳で、高齢者地域だ。
村全体を立て直そうにも、東北地方の被災規模や原発問題などの被害規模があまりに大きく、栄村の窮状についてはメディアに取り上げられることがほとんどない。
十分な支援の手が届いていないというのは事実のようだ。
栄村大地震
 
この地域に必用なのは村人たちが集える公民館なのだそうだ。農業で成り立っている集落にとってはコミュニュケーションの場である公民館が不可欠らしい。
このままでは村全体が死んでしまい過疎化が避けられないという危機感があるのだろう。
続きを読む 人気ブログランキングへ

東日本大震災 ソフトバンク孫氏 個人で義援金100億円

ソフトバンクは3日、孫正義社長(53)が東日本大震災の被災者への義援・支援金として、個人で100億円を寄付すると発表。
またソフトバンク代表としての役員報酬(09年度実績は約1億800万円)も、引退するまでの分全額を寄付する。
ソフトバンクグループも企業として10億円を寄付するという。
義援金は日本赤十字社や共同募金会を通じた寄付のほか、NPO支援、震災遺児支援などに充てると説明している。

震災で両親を亡くした震災遺児に18歳になるまで携帯電話を無償貸与する方針も打ち出している。
続きを読む 人気ブログランキングへ
記事検索
車修理の工場検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ