福島原発の真実 | プルトニウムの毒性 | 東日本大震災と福島第一原発事故

福島原発の真実とは何か?福島第1原発の放射能が襲う日本の危機。東日本大震災(東北地方太平洋沖大地震)が引き起こしたプルトニウムに汚染された福島第一原子力発電所と計画停電の日本経済への影響や原発の最新情報。プルトニウムの毒性や半減期、高速増殖炉などについても解説。

菅首相

菅首相、小沢氏らとの面会希望 不信任案同調が不安?

菅首相、小沢氏らとの面会希望 不信任案同調が不安で小沢氏に接近?
 
民主党内で内閣不信任決議案に同調する動きが気になるのか、菅総理は29日の帰国後に小沢一郎氏や鳩山由紀夫氏の党代表経験者に対し面会を希望しているとのことだが、菅総理の批判を公言するようになった小沢氏との面会を望んでいるなんてどうかしている。
何故なら、小沢氏は党員資格停止中の身でしかも無期限だ。(民主党の規則では党員資格の無期限停止はない)

民主党として、一党員の党員資格を正式に剥奪したのだから、「民主党内は一致結束した行動をとってもらえるものと私は信じている」という菅首相の言葉には矛盾がある。
党員資格を剥奪した相手に、「一致結束した行動を取ってください」なんておかしくないか?

首相は「広く代表経験者とお話しする機会があればありがたい」と菅総理は言ったらしいが、あれだけ小沢氏を批判して追放しておいて、馬鹿じゃないかと言いたくなる。
いよいよ自分の政権がもうヤバイと感づいたのか、自分の延命のためならコロッと態度を変える。節操がない。
続きを読む 人気ブログランキングへ

政府、首相の海水注入中断関与の否定に躍起。またもや事実を捏造か? 疑念はいっそう深まる。

政府、首相の海水注入中断関与の否定に躍起。 疑念はいっそう深まる。

福島第1原発への海水注入が菅直人首相の「聞いていない」発言で中断したとされる問題はさらに疑念が深まった。
政府は打ち消しに躍起となっているが、政府関係者の証言との矛盾がますます増えている。

東電は午後7時4分から1号機でホウ酸を入れない「試験注入」を始めたが東電独自の判断で海水を注入開始したとされる。
問題はなぜ中断したかなのだが・・・。

複数の政府筋によると、首相が海水注水について「聞いていない」と激怒したことは複数の政府関係者が記憶しており、斑目氏が「海水注入は再臨界の危険性がある」などと指摘した事実もないという。

このような客観的な証言が複数あるにもかかわらず、首相の関与を否定しようとしているが、政府は事実を捻じ曲げようとしているのではないか。
隠蔽、捏造は東電よりも首相や政府の方がひどくないか?
マスコミも野党自民党もとことん追求してもらいたいものだ。
続きを読む 人気ブログランキングへ

整合性のない菅総理の「安全なら原発再稼働容認」発言

菅総理が、今後の原子力政策について、「原子力のより安全な活用方法が見いだせるなら、原子力をさらに活用していく」と発言したが、浜岡原発停止との整合性が全くない。
結局のところ政治利用ミエミエの政権維持に利用したに過ぎず下心もありありなのだ。

浜岡原発停止は多くの国民が指示のようだが、危険ならばそれは歓迎すべきことではある。
しかし、その後の具体的な展望がなく、他の原発が安全であり、浜岡原発は再稼動を前提としたいけにえにされたに過ぎない。

地震や活断層が問題なら敦賀原発や島根原発は活断層の真上にある。
津波対策をすればいいというが、福島原発1号機は津波とは関係なく地震によって原子炉が損傷しメルトダウンに至った可能性もある。

さらには、東海地震が87%の確率でとかいうが、確率論はあてにならない。大地震のリスクが少ないとされた東北沖で実際に起きた。
東海地震やそれによる津波が脅威ならば、原発を止めるだけでは理にかなわない。

三陸海岸を中心に巨大な津波被害で多くの人命が失われたばかりだが、原発に関してだけ津波対策や地震対策をやればそれでいいのか?
東海地震という脅威があるなら、原発以外の防災対策を具体的にどう見直すのかを真剣に検討していくべきで、菅総理にはそのような展望があるように全く見えない。
原発だけ止めたら東海地震が来ても安心ですという単純な問題ではないのだ。東日本大震災では2万人弱が犠牲になっている。
原発事故の直接の死者はまだないが、地震、津波では多くの人命が失われたのだから、原発以上に東海地震を想定した防災対策の見直しが必要なのに、それについては全くといって良いほど管総理は無関心のようだ。

結局のところ、管政権維持のための保身と、他の原発は点検や防災対策の対応が完了次第、順次再稼動をしたいがために浜岡原発をいけにえとして停止しただけではないか。
基本的に、天災に対して100%安全を保証できる原発なんてありえない。
何をもって安全なのか十分な議論もない。
下心丸見えのご都合主義の行き当たりばったりの対応としか思えないのだが・・・。
続きを読む 人気ブログランキングへ

浜岡原発すべて運転停止へ。中部電力に政府が要請。東海大地震の可能性を考慮?

日本政府は5月6日、中部電力に対し、静岡県の浜岡原子力発電所のすべての原子炉を停止するよう要請したと発表した。

浜岡原発は、4号機と5号機が営業運転中。
国民の「安全と安心を考えた」措置であるとし、同原発で事故が起きた場合の甚大な影響を考慮したと菅首相は述べた。
静岡県の浜岡原子力発電所

続きを読む 人気ブログランキングへ

内閣官房参与に任命した菅首相の無責任さ。都合が悪くなると知らない人と平気でシラをきる。

 小佐古敏荘(こさこ・としそう)東大大学院教授が東京電力福島第1原発事故への政府対応に抗議して内閣官房参与を辞任した問題で、菅直人首相は2日の参院予算委員会で「以前に面識はなかった」と述べ、事前に会わずに参与に任命したことを明かした。

 首相は、民主党の空本誠喜(そらもと・せいき)衆院議員から推薦されたことを認めた上で「大変高い知見をお持ちの方だと聞き、推薦者の見方を尊重して任命した」と説明した。

 小佐古氏の慰留に関して「私は議論に同席したり詳しく関わっていたわけではない。細野豪志首相補佐官に『話をしてくれ』と依頼した」と語り、細野氏に任せっきりだったことを認めた。さらに「私は予定を決めてお会いするかどうかを決めようと思ったが、結果的に辞表を置いていかれた」と打ち明けた。
産経新聞 5月3日(火)7時57分配信続きを読む 人気ブログランキングへ

土下座すべきは菅も一緒だ。いい加減に辞めたらどうだ。

復興財源、所得増税で 消費税上げに慎重  仙谷副長官
時事通信 4月24日(日)13時19分配信

仙谷由人官房副長官は24日午前、東日本大震災の復興財源について、「期間限定で所得に対する課税のようなものが望ましい」と述べ、所得税の増税を検討すべきだとの認識を明らかにした。視察先の宮城県亘理町で記者団に語った。
仙谷氏は「全国民が連帯し支え合う気持ちで、期間限定で拠出していただくことが必要だ」と強調。消費税率を引き上げて財源に充てる案に関しては「(被災で)生業が消えてしまった人は(税金を負担できる)担税力がない。払える力のある人が少しずつ分かち合う考え方が重要だ」と述べ、慎重な考えを示した。
復興財源をめぐっては、政府・民主党内で、国債を発行して確保しつつ、期間限定で消費税を増税し、償還に充てる案が浮上。野党各党からは「福祉目的に限定しないと、国民の理解を得られない」(石原伸晃自民党幹事長)など、反対の声が上がっている。
 
 
------------------------
しかしおかしな話ではないか・・・。消費税も所得税も恒久的な増税に変わりはないではないか。
まず違和感を覚えるのは仙谷氏が政権中枢にいることがまず信じられない。参議院での問責決議が可決された人だ。自衛隊の「暴力装置」発言もあった。海上保安庁巡視船が逮捕した中国人船長の釈放問題も国民は納得していない。
なぜ、こんな人が復興に絡む重要ポストに居座っているのだろうか。
感情的にこの人がいるなら協力などしたくないと感じる人も多いはずだ。

所得税アップの税収分を復興財源にまわそうという発言もサラリーマンは怒り心頭などではないか。
国民から搾取することしか頭にないのか。民主党は常に増税しか頭にないのかと思う。少なくとも仙石氏は経済通ではないだろう。国民を豊かにしようという発想もない。
このブログでも竹中平蔵氏の発言を紹介したが、竹中氏の過去の規制緩和や金融改革については評価がいろいろあるのでここでは差し控えるが、復興に関しての経済政策に関する発言は正論で的を得ている。

結論から言えば復興には莫大な予算が必要だが、それは一時的なもので、それをまかなうために恒久的な増税によってまかなうべきではないと説いている。菅総理や民主党の閣僚の発言はまず増税ありきで増税しないと復興ができないかのようなことを当たり前のように言っている。
おかしな話だ。本来はお金とか予算は後で考えて、まず1日も早く復興への第1歩、第2歩を間髪いれずに実行することだ。その実行とは法案を通し、予算を執行することだ。1日遅れるごとに苦しむ人は増え、復興も難しくなる。1日でも早く手を打ち前へ進むことが大事だ。
復興債や赤字国債を発行して予算をまかなえばよいのである。その償還財源をどうするかなんて復興が終わってから考えればよい。やるまえから増税なんて言っていたらますます景気が悪くなるだけでただでさえ自粛ムードで消費も景気も落ち込んでいるのに増税してどうするんだと言いたくなる。
経済をマクロでとらえる視点が決定的に欠けている。
菅総理はじめ経済オンチしかいないからだろう。海江田万里は多少経済通だが東電のことで手一杯だし口を挟めないのだろう。

問題は何か政策を打とうにも菅には誰も協力しないから、大胆な法案は国会を通せないし結局のところ今の政権では実行力がないのが致命的だ。法案さえ通れば官僚の言いなりの法案を作成し、野党の意見も丸呑みで、中途半端なことしかできない。国民の支持のない政権だからこうなる。
今必用なのは、多少の反対や反感があっても、1本筋の通った骨格のしっかりした大胆な政策だ。

続きを読む 人気ブログランキングへ

「要するに人としてどうかだ」と菅首相の人間性の問題を指摘。 財務副大臣

痛快だ。ここまで身内からこき下ろされるとは・・・。
もう能力がないとか、信頼できないとか、リーダーシップがないとかというレベルを超えたか。


民主党の桜井充財務副大臣が19日付のブログで菅直人首相の退陣を迫るメールマガジンを発行したことについて「(参院予算委員会で野党議員が)『このくらいはせめて認めたらどうですか』と問いかけた際に、全部突っぱねられたら、『辞めろ』といいたくなるのも当然だ。こういう(自己正当化に終始する)ことをやっていたら政権がもたなくなるんじゃないか、という意味合いで申し上げた」と説明した。国会内で記者団の質問に答えた。

 桜井氏は首相の政治姿勢に関し、「要するに人としてどうかだ」と人間性の問題を指摘。

続きを読む 人気ブログランキングへ

菅総理 石巻市を視察 石巻漁港を優先して整備。「今ごろ来ても・・・」さめた反応。

「今頃来ても遅い・・・」など冷たい反応。
それにしてもトンチンカンな男だ。視察をすれば支持率でも上がると思ってるのだろうか。
楽天の星の監督やアントニオ猪木なら被災者も元気が出るが、菅首相に来てもらっても正直顔も見たくないというのが正直な被災者の気持ちではないだろうか。
続きを読む 人気ブログランキングへ

菅総理、視察するなら防護服着て福島第一原発の状況を見て回ったらどうだ。

「来なくていい」「顔見たくない」「何しに来たの?」菅総理現地視察に冷ややかな声

4月2日、管首相は陸前高田市など見て回った。

冷ややかに見る被災民、住民も多かった。「あなたのせいで被害が大きくなった」「被災直後物資も何もなく官邸は情報収集すら満足にできなかった」
と言いたい人はたくさんいるようだ。


続きを読む 人気ブログランキングへ
記事検索
車修理の工場検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ