福島原発の真実 | プルトニウムの毒性 | 東日本大震災と福島第一原発事故

福島原発の真実とは何か?福島第1原発の放射能が襲う日本の危機。東日本大震災(東北地方太平洋沖大地震)が引き起こしたプルトニウムに汚染された福島第一原子力発電所と計画停電の日本経済への影響や原発の最新情報。プルトニウムの毒性や半減期、高速増殖炉などについても解説。

辞任

国民の健康のために発言した教授は政府にとって都合の悪い存在か?

「老婆心ながら守秘義務」と官邸、小佐古教授に
読売新聞 5月2日(月)23時14分配信
 東京電力福島第一原子力発電所の事故対策を巡り、4月30日に内閣官房参与を辞任した小佐古敏荘(こさことしそう)・東京大学教授が2日夕に予定していた報道関係者向け説明会が中止された。

 民主党の空本誠喜・衆院議員によると、小佐古教授が官邸から守秘義務の指摘を受けたことが、中止の理由だという。

 小佐古教授は、政府の事故対応に納得できないとして、29日に辞任の意向を表明した。空本氏によると、小佐古教授は2日夕、小学校の校庭利用などについて文部科学省が説明した放射線被曝(ひばく)限度の問題点について詳細な説明を行う予定だった。

 ところが1日、小佐古教授から空本氏に、「(官邸関係者から)老婆心ながら、守秘義務があると言われた」として、説明会には出席できないと電話で伝えてきたという。

 文科省は校庭利用の放射線被曝限度を年間20ミリ・シーベルトとしている。空本氏は「小佐古教授は、子供の被曝量はせいぜい年間5ミリ・シーベルトにとどめるべきだという考え。きちんと説明する場がなくなったのは残念だ」と話している。
続きを読む 人気ブログランキングへ

内閣官房参与に任命した菅首相の無責任さ。都合が悪くなると知らない人と平気でシラをきる。

 小佐古敏荘(こさこ・としそう)東大大学院教授が東京電力福島第1原発事故への政府対応に抗議して内閣官房参与を辞任した問題で、菅直人首相は2日の参院予算委員会で「以前に面識はなかった」と述べ、事前に会わずに参与に任命したことを明かした。

 首相は、民主党の空本誠喜(そらもと・せいき)衆院議員から推薦されたことを認めた上で「大変高い知見をお持ちの方だと聞き、推薦者の見方を尊重して任命した」と説明した。

 小佐古氏の慰留に関して「私は議論に同席したり詳しく関わっていたわけではない。細野豪志首相補佐官に『話をしてくれ』と依頼した」と語り、細野氏に任せっきりだったことを認めた。さらに「私は予定を決めてお会いするかどうかを決めようと思ったが、結果的に辞表を置いていかれた」と打ち明けた。
産経新聞 5月3日(火)7時57分配信続きを読む 人気ブログランキングへ

誰がどのように決定したのか?校庭利用基準、政府として変更せず(年間20ミリシーベルト) ならば閣僚の家族は福島に移住させろ!

小佐古敏荘内閣官房参与が政府に対し抗議の辞任会見を行ったが、「年間20ミリシーベルトの放射線被爆を乳児、幼児、児童に求めるのは学問的見地のみならず・・・」そのあと言葉が途切れた。
おそらく、人道的見地からみても許しがたい基準値と言いたかった?

小佐古氏は東京大学大学院教授で、放射線安全学の分野で第一人者と言われる専門家だ。
今回の震災を受けて首相から内閣官房参与として任命された専門家の一人だ。

放射線の年間被曝(ひばく)量20ミリシーベルトという屋外活動制限基準を強く批判。「とんでもなく高い数値であり、容認したら私の学者生命は終わり。自分の子どもをそんな目に遭わせるのは絶対に嫌だ」と訴えた。
「通常の放射線防護基準に近い年間1ミリシーベルトで運用すべきだ」、「法律や指針を軽視し、政府の対応はその場限りだ」と批判した。

とにかく、この決定に関して政府内で誰がどのように最終決定したものなのか明らかでなく、小佐古教授自身は納得していないばかりか怒り心頭なのだ。

小佐古敏荘内閣官房参与の抗議の辞任を受けて、与党民主党も政府も表面的に涼しい顔だが火消しに躍起となっている。
政府として見直すつもりはないとのことだ。

菅首相は30日の衆院予算委で「安全委の助言を得ながら最終的な判断をした」と発言している。
細野首相補佐官は29日のTBSの番組で「原子力安全委員会は年間20ミリシーベルトが適切と判断している。政府の最終判断だ」と発言している。
枝野官房長官や菅総理も、「専門家によっていろいろな意見があるので・・・」とお茶を濁すばかりか、菅首相自身が内閣官房参与として任命小佐古氏の発言を批判する始末だ。

乳児や幼児に年間20ミリの放射線ひばくを安全としている国がどこにあるのか逆に教えてもらいたい。
続きを読む 人気ブログランキングへ

内閣官房参与の辞任にあたって (辞意表明) 内閣官房参与 小佐古敏荘

原子力安全の分野の第一人者と言われる専門家である小佐古敏荘(こさこ・としそう)東大大学院教授が政府に抗議の意味をこめて辞任したが、辞任表明の中身が公開されているので、ここでも紹介させていただく。

続きを読む 人気ブログランキングへ

統一地方選挙の結果は大惨敗。菅内閣はこのまま政権を担当してよいのか? -- アンケート・投票 --

■ 緊急アンケート続きを読む 人気ブログランキングへ

民主大敗北! 571人の公認候補のうち200人近くが落選確定。落選者さらに上積みも。

民主大敗北が決定的だ。 571人の公認候補のうち200人近くが落選確定という話だが、当選者の数ではなく、落選者の数がさらに上積みされそうだ。
地方41すべての道府県の議会で第1党を獲得できないことが確実となった。
政権与党なのに、地方議会で野党がすべて第1党ということだ。前代未聞だ。

野党時代の議席を下回る結果で、大敗も大敗、民主党が与党とはとても思えない選挙結果だが、当然と受け止める有権者が多いのではないか。
ろくに独自候補も立てられない有様で、民主党の公認を返上した候補者もたくさんいた。
この結果を民主党執行部はどう受け止めるのだろうか。
まさかこの期に及んでその責任を小沢氏や鳩山氏になすりつけるつもりか?
もう菅総理のどんな言い訳も通らないだろう。
与党の幹事長の地元で与党候補が負けるなんて聞いたことがない。
 
菅、仙石、枝野、前原、岡田の5奉行は有権者の審判を真摯に受け止めねばなるまい。
前回の参議院選挙の大敗で既に答えは出ていたのにもかかわらず、まったく自覚がなかった。
それに民主党のマニフェストは実行できると言っている政治家がいるのにマニフェストは実行できないと言っている人を党の代表に選ぶなんておかしな政党だ。常識なら国民と約束したことを実行すると言ってる人を党の代表に選ぶのが筋だ。
この惨敗の結果をみても世論調査は気にしないとか支持率がゼロでも辞めないとか言えるのだろうか。
明らかに国民の支持を失っている。
東日本大震災の後で、選挙対策に手が回らなかったという言い訳も通らない。
普通なら、与党に有利に働いておかしくない。
震災後の失態を目の当たりにして有権者はドン引きだったってことだ。
続きを読む 人気ブログランキングへ

「過度の自粛」はやめるよう近く国民に呼び掛ける意向。--- 菅首相 ---

今後の景気悪化がどのくらい落ち込むのか心配されるが、今になって過度の自粛が日本経済や被災地の復興にマイナスにならないように菅総理が国民に 呼びかけるそうだ。

ます、菅総理がそんなこと呼びかけても景気は良くならない。
さんざん節電を呼びかけられて、テレビの広告もACの暗い広告ばかり。
もう十分景気も気分も落ち込んでいる。
既に日本経済は大きくマイナスの状態にあるのだ。原発もどうなるか不安だから心理的に防衛行動が働いて財布の紐はほどけないくらい固くなっている。それに菅総理に呼びかけられても「ハイそうですか、じゃあ景気よくパーッとお金を使いましょう」なんて気にならない。
続きを読む 人気ブログランキングへ

菅直人首相辞任の意向・・・ 次期首相には、自民党の谷垣禎一総裁。副総理には、新代表に輿石東参院議員か

菅直人首相が、「2011年度政府予算関連法案成立」と「大連立政権樹立」を引き換えに「辞意」を固めたという、菅直人首相は6月に正式退陣し、大連立政権は、「1年限定」で次期首相には、自民党の谷垣禎一総裁、副総理には、仙谷由人官房副長官が就任する。、民主党は、新代表に輿石東参院議を選び、閣僚として処遇することになる模様だ。続きを読む 人気ブログランキングへ

東京電力の社長は体調が悪くて療養中。それでいいのか。

最高経営責任者が雲隠れしているとは思いたくないが、原発の現場で命をかけている作業員は開いた口がふさがらないのではないか?

現場の作業員は満足な食事もできす、睡眠もまともにできず、手を洗う水さえない環境で過酷な作業を強いられている。
精神的にも肉体的にも限界を超えた領域で頑張っているのではないか。
体調が良い分けないし、もうヘトヘトなのではないか。 続きを読む 人気ブログランキングへ
記事検索
車修理の工場検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ