福島原発の真実 | プルトニウムの毒性 | 東日本大震災と福島第一原発事故

福島原発の真実とは何か?福島第1原発の放射能が襲う日本の危機。東日本大震災(東北地方太平洋沖大地震)が引き起こしたプルトニウムに汚染された福島第一原子力発電所と計画停電の日本経済への影響や原発の最新情報。プルトニウムの毒性や半減期、高速増殖炉などについても解説。

避難

福島原発が怖くて東京から避難した有名人は?

福島原発から避難した有名人は?
噂の域も含めて・・・。
☆吉田拓郎・・・地震の直後から海外に持っている別荘に避難。
☆市川海老蔵&麻央・・・福岡まで移動。
☆木村カエラ・・・九州で目撃。
☆東国原元宮崎県知事・・・また宮崎へ戻った?B'zの目撃情報も。
☆反町隆史、松嶋菜々子夫妻・・・滋賀県に移住?
☆島田紳助・・・23区からは出たらしい。
☆松本人志・・・家族が関西に避難?
続きを読む 人気ブログランキングへ

福島原発周辺の退避地域拡大の恐れ。30キロ超でも放射線積算値20ミリシーベルトを超える可能性。 -- 原子力安全委員会 --

6日原子力安全委員会は外部被爆の積算値(累積値)が20ミリシーベルトを超えるおそれがある30キロ圏外の地域についても今後屋内退避、または退避を検討する必要があることを発表した。

現在30キロ圏外でも積算値が10ミリシーベルトを超える地域が出てきている。 国際放射線防護委員会は緊急時の被ばくについて、20~100ミリシーベルト以内としている。

通常時における一般人の安全基準は1年で1ミリシーベルトだ。 
緊急時の被ばくについて20~100ミリシーベルトとされている理由は、事故の際の一時的な被爆は、長期間に渡って被爆し続けるわけではないので、ある程度許容されても良いとの考えに立っている。

緊急時の被爆の許容量は原則、原発で働く作業員にも同様にあてはまる。 続きを読む 人気ブログランキングへ

被爆限度量の規制値緩和、引き上げを検討。ご都合主義の官邸。

 枝野幸男官房長官は6日午前の記者会見で、年間1ミリシーベルトとしている住民の被爆限度量について「現在の基準値の引き上げを検討していることを明らかにした。
 福島第1原発周辺で検出される放射線量は減少傾向にあるが、放射性物質のたれ流しが長期間続くことを前提にした対応と思われる。
30キロ圏外側でも、大気中の放射線量の積算値が10ミリシーベルトを超えた地域がある。
原発事故の長期化が必死なため、このままでは限度を超える地域が拡大してしまうので限度の基準を緩める必要があると判断した模様だ。 

続きを読む 人気ブログランキングへ

福島原発20キロ~30キロの飯舘村 妊婦と乳幼児に避難措置 村独自の判断

村内の一部が屋内退避区域になっている飯舘村は妊婦と乳幼児に避難措置をとる模様だ。
政府の対応を待っていたら人的被害は避けられず、放射線をこれ以上浴びたら危ないって判断があるのだろうか。

被害が出てからでは手遅れだし、犠牲になるのは大人より子供が先に被害にあう。 続きを読む 人気ブログランキングへ

東日本大震災 一番安全なのは刑務所だった。

東北の海岸地帯を襲った大津波。仙台市若林区も大きな被害が出たが、刑務所は安全だったようだ。
若林区の荒浜海岸から5kmほど離れたところに仙台刑務所がある。

刑務所の建物は非常に頑丈にできてるそうだ。
津波の浸水も建物の倒壊もなく、職員や受刑者も全く被災することはなかった。
さらに食料など刑務所には大量の備蓄があり、暖房も通常通りだったらしい。

周辺住民が停電や断水、物資の不足などで被災された人々が苦しい生活を強いられている中、通常の受刑生活が維持できたとの事で、被災民からするとうらやましく思うほどの生活環境だったかもしれない。
続きを読む 人気ブログランキングへ

自主避難を呼び掛け=原発20~30キロ圏、社会生活困難―枝野官房長官

時事通信 3月25日(金)12時34分配信
 枝野幸男官房長官は25日午前の記者会見で、福島第1原子力発電所から半径20~30キロ圏内の屋内退避対象地域について「商業・物流に停滞が生じていて、屋内退避している人の生活を長期にわたり維持するのは困難な状況にある。こうした社会的要請から自主的に退避(避難)していただくことが望ましい」と述べ、圏内の住民に自主的な避難を呼び掛けた。また「放射線量が増大し、避難指示を出す可能性も否定できない」との見方を示した。
 同圏内では、自主避難者が既に多数に上り、今後も増加するとみられる。枝野長官は、屋内退避者への生活支援は続けるとしながらも、今後の避難指示を視野に、自主避難希望者には移動手段や受け入れ施設の確保などで全面的に支援する考えを表明。関係市町村との調整に入ったことも明らかにした。 
続きを読む 人気ブログランキングへ
記事検索
車修理の工場検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ