福島原発の真実 | プルトニウムの毒性 | 東日本大震災と福島第一原発事故

福島原発の真実とは何か?福島第1原発の放射能が襲う日本の危機。東日本大震災(東北地方太平洋沖大地震)が引き起こしたプルトニウムに汚染された福島第一原子力発電所と計画停電の日本経済への影響や原発の最新情報。プルトニウムの毒性や半減期、高速増殖炉などについても解説。

長野県

福島原発、放射能汚染問題。全国で汚泥や焼却灰などでセシウム検出続く。

全国各地でセシウムの検出が続いている。

長野県上田市の市内の二つの下水処理場で5月17日に採取した焼却灰や汚泥から、放射性セシウムを検出。
焼却灰から1760ベクレル/kg、汚泥からは60~80ベクレル/kgの濃度だった。

神奈川県でも県が管理する4カ所の下水処理場で5月6日日に採取した汚泥や焼却灰から放射性物質を検出された。
検出量が最も多かったのは相模川流域右岸処理場(同県平塚市)で、汚泥から482ベクレル/kgの放射性セシウムと473ベクレル/kgの放射性ヨウ素を検出。
焼却灰からは2873ベクレル/kgの放射性セシウム、1177ベクレル/kgの放射性ヨウ素を検出した。

東京都では5月10日~5月22日にかけて、都内すべての施設12カ所から汚泥と汚泥焼却灰を採取している。
江戸川区の葛西水再生センターの汚泥焼却灰から最高で29100ベクレル/kgの放射性セシウムを検出したと発表した。焼却前の汚泥からも1700ベクレル/kgを検出した。
続きを読む 人気ブログランキングへ

長野県(長野市安茂里)の「空間放射線量」の測定結果

環境保全研究所において常時観測している空間放射線量
 
時間 測定値(μSv/h) 時間 測定値(μSv/h) 時間 測定値(μSv/h)
1時 0.043 9時 0.043 17時
2時 0.043 10時 0.042 18時
3時 0.043 11時 19時
4時 0.043 12時 20時
5時 0.043 13時 21時
6時 0.043 14時 22時
7時 0.043 15時 23時
8時 0.043 16時 24時
続きを読む 人気ブログランキングへ

長野県(長野市安茂里)の4月15日(金)の空間放射線量の測定結果

長野県(長野市安茂里)の4月15日(金)の空間放射線量の測定結果
 
時間 測定値(μSv/h) 時間 測定値(μSv/h) 時間 測定値(μSv/h)
1時 0.044 9時 0.045 17時
2時 0.044 10時 0.045 18時
3時 0.044 11時 0.043 19時
4時 0.045 12時 0.043 20時
5時 0.045 13時 0.043 21時
6時 0.045 14時 0.043 22時
7時 0.045 15時 0.042 23時
8時 0.045 16時 24時
測定値の単位はμSv(マイクロシーベルト)で、1時間当たりの値を示しています。続きを読む 人気ブログランキングへ

4月14日(木)の長野県の環境放射線(大気中)測定値

長野県(長野市安茂里)の4月14日(木)の空間放射線量の測定結果

時間 測定値(μSv/h) 時間  測定値(μSv/h) 時間  測定値(μSv/h)
1時 0.044  9時 0.045 17時 0.043
2時 0.044 10時 0.044 18時  
3時 0.044 11時 0.044 19時  
4時 0.044 12時 0.043 20時  
5時 0.044 13時 0.043 21時  
6時 0.044 14時 0.043 22時  
7時 0.045 15時 0.043 23時  
8時 0.045 16時 0.043 24時  

・ 測定値の単位はμSv(マイクロシーベルト)で、1時間当たりの値を示しています。
続きを読む 人気ブログランキングへ

4月13日(水)の長野県の環境放射線(大気中)測定値

空間放射線量(長野市安茂里)4月13日(水) 時間 17時 20時 21時 22時 24時
時間 測定値(μSv/h) 時間 測定値(μSv/h) 測定値(μSv/h)
1時 0.043 9時 0.045  
2時 0.043 10時 0.044 18時  
3時 0.044 11時 0.044 19時  
4時 0.044 12時 0.043  
5時 0.044 13時 0.043  
6時 0.044 14時    
7時 0.044 15時   23時  
8時 0.044 16時    
・ 測定値の単位はμSv(マイクロシーベルト)で、1時間当たりの値を示しています。
・ 18時から翌日の8時までの測定値は、9時の測定値と合わせて一括公表します。続きを読む 人気ブログランキングへ

目が行き届かない「長野県・栄村」の被災状況と村の復興

東日本大震災の翌日に 長野県北部で震度6強の強い地震があり、栄村では死者こそ出なかったが大きな被害を受けた。
「栄村大地震」とも呼ばれている。
村内では家屋が全半壊した家屋も多く、現在もなお、避難所生活やライフラインがストップしたままの地域も残されているという。
約2300人の村民の平均年齢は56歳で、高齢者地域だ。
村全体を立て直そうにも、東北地方の被災規模や原発問題などの被害規模があまりに大きく、栄村の窮状についてはメディアに取り上げられることがほとんどない。
十分な支援の手が届いていないというのは事実のようだ。
栄村大地震
 
この地域に必用なのは村人たちが集える公民館なのだそうだ。農業で成り立っている集落にとってはコミュニュケーションの場である公民館が不可欠らしい。
このままでは村全体が死んでしまい過疎化が避けられないという危機感があるのだろう。
続きを読む 人気ブログランキングへ
記事検索
車修理の工場検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ