福島原発の真実 | プルトニウムの毒性 | 東日本大震災と福島第一原発事故

福島原発の真実とは何か?福島第1原発の放射能が襲う日本の危機。東日本大震災(東北地方太平洋沖大地震)が引き起こしたプルトニウムに汚染された福島第一原子力発電所と計画停電の日本経済への影響や原発の最新情報。プルトニウムの毒性や半減期、高速増殖炉などについても解説。

5月6日

日本気象庁の拡散予測図 5月6日~5月7日

日本気象庁の拡散予測図 5月6日~5月7日 
大気中に放出された有害物質の拡散予測情報(放射性物質拡散のシミュレーション資料)
日本気象庁の計算した5月6日~5月7日の放射能拡散予測
続きを読む 人気ブログランキングへ

ドイツ気象庁と日本気象庁 5月5日~5月7日の福島原発放射能拡散予測 - Youtube -

5月6日から5月7日にかけては日本全土に拡散する予想です。
北海道から九州まですっぽり覆われるイメージです。
続きを読む 人気ブログランキングへ

日本気象庁の拡散予測図 5月5日~5月6日

日本気象庁の拡散予測図 5月5日~5月6日 
大気中に放出された有害物質の拡散予測情報(放射性物質拡散のシミュレーション資料)
日本気象庁の拡散予測図 5月5日~5月6日 
続きを読む 人気ブログランキングへ

緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)の計算結果

緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)の計算結果について

福島原発の事故直後、スピーディ(SPEEDI)が放射能拡散の予測をした計算結果が公表された。
現在、経済産業省原子力安全・保安院は地震のあった11日の夜から15日にかけて42件の計算結果が公表されている。

予測結果を今になって公表しても何の役に立つのか?と言いたいが、永遠に公表しないよりはまだいい。


スピーディ(SPEEDI)関連の計算結果の資料はNSC(原子力安全委員会)の下記のページから入るといろいろな資料が入手できる。
将来の予測については公開されていない。
続きを読む 人気ブログランキングへ

5月6日の福島原発 放射能拡散予測 (ドイツ気象庁 最新5/4発表)

日本時間 5月6日 午前3時の拡散予測図と天気予報です。
日本時間 5月6日 午前3時の拡散予測図
福島原発より北西の地域と群馬、長野が相対的な拡散の濃度が高い予想となっています。続きを読む 人気ブログランキングへ
記事検索
車修理の工場検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ